読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

ひつまぶしの弱点をクリアした『うな豊』の「まぶし丼」

以前、このブログで私はひつまぶしをあまり食べないということを書いた。湯せんした熱々の器にこらめた熱々の鰻、焼きたての鰻をのせた丼がいちばん美味しいと思っているためである。お櫃に入ったひつまぶしはどうしても食べているうちに冷めてしまうのだ。 …

「鉄板焼き太きしめん」は家族で食べた焼肉がヒント!?

麺類食堂で「天ぷらきしめんを赤つゆで」、「白つゆでかけきしめんを」など、さまざまなリクエストをする客がいるという話を耳にする。つゆを替えるくらいなら、まだカワイイものである。なかにはメニューにないものを求めるツワモノもいるらしい(笑)。今…

つゆと麺、具材のどれも完璧な一杯

ある冊子の取材で東区の『川井屋』へ行ってきた。創業は大正10年。店主の桜井太郎さんは、3代目。平成元年、23歳のときに店に立ち、今年で29年。先代から店を継いでから、新たに増やしたメニューはなく、逆にお品書きから外したメニューがあるという。 「昔…

姫路駅「えきそば」VS長命うどん「和風中華」。勝負の行方は…

先日、出張で兵庫県三田市へ行った。ホテル近くのコンビニで「姫路駅名物 まねきのえきそば」というカップ麺が目に飛び込んできた。ずいぶん以前になるが、姫路駅のホームにある立ち食いの店で「えきそば」を食べたことがあり、それがとても美味しかったのだ…

客のリクエストから生まれた「えびおろし」

たっぷりの大根おろしと大ぶりな海老天をのせた「えびおろし」。きしめんのほか、うどんやそばもある。温かいものも用意している店も多いが、冷たいつゆと麺で味わうのが基本だ。写真の「えびおろしきしめん(冷)」は、中区錦3丁目にある『総本家 えびすや…

オリエンタル「台湾カレーミンチ」を喰らう

台湾ラーメンに使う、ニンニクと唐辛子で味付けした“台湾ミンチ”をカレーにのせた「台湾カレー」。『元祖台湾カレー』で初めて食べたとき、私は「台湾まぜそば」以上に衝撃を受けた。これまでラーメンにしか使われることのなかった台湾ミンチをカレーに用い…

自宅できしめんを作るのが最近のマイブーム

わが家は共働きなので、昼は外食するか、仕事場兼自宅で何か作って食べることになる。最近、ハマっているのが、きしめんである。スーパーできしめんの玉を買ってくれば簡単にできるし、原稿書きの気分転換にもなるので、かなりの頻度で作っている。 きしめん…

外食産業が「幅広きしめん」を採用!と、喜んだのも束の間

栄や名駅など名古屋の都心での取材時に次の仕事までの時間を潰すために千種イオンを利用する。入庫から2時間無料の駐車場があるからだ。先日、ちょうどお昼時だったので、ランチを摂ることにした。 選んだのが2Fのフードコート内にある『まこと本舗&千種亭 …

『どんどん庵』の白つゆを初体験!

セルフうどんチェーン店『どんどん庵』。家の近くにあるので、よくランチに利用している。私が注文するのはいつも、きしめんとイカ天と決まっている。そして、つゆに名古屋味の「赤」、つまり、たまり醤油を使ったつゆを選ぶのも毎度のパターン。↑写真がきし…

居酒屋チェーン『素材屋』の新なごやめし「台湾まぜそば鉄板焼き」

フードライターとして仕事をするようになった'02年頃から、大手のファミレスや回転寿司で食事をすることが少なくなった。個人経営の店を応援したいと思っているし、あわよくば取材のネタになるかもしれないというイヤラシイ気持ちもある。 あ、セルフうどん…

150グラムものモモ肉を贅沢に使った「純系名古屋コーチンのひつまぶし」

これまで2日間にわたって、とんかつ(豚)と飛騨牛のひつまぶしを紹介してきたが、今日は鶏、それも名古屋コーチンを使ったひつまぶしを紹介しよう。 写真は、栄2丁目にある『焼鳥 とりっぱ 伏見店』の「純系名古屋コーチンのひつまぶし」。店は純系名古屋コ…

圧巻の旨さ!飛騨牛ひつまぶし

旨い鰻か高級な飛騨牛、食べるならどっち?鰻はもともと安くはなかったが、少し気合いを入れれば何とか手が届いた。しかし、ここ数年間でどんどん値上がりし、ひつまぶしは焼肉や寿司と並ぶ高級グルメになってしまった。では、こんなメニューはいかがだろう…

イイ意味で期待を裏切られた「かつまぶし」

写真は一宮市にある『とんかつ たる蔵』の「かつまぶし」である。その名の通り、とんかつをひつまぶしのように薬味とだし汁で食すメニューだ。ネットでこれを見つけたとき、正直、「これはない」と思った。いくら、ひつまぶし人気にあやかりたいとはいえ、こ…

「新なごやめし」とは何か

前にも書いたが、私の幼い頃は町の鰻屋さんにひつまぶしは置いていなかった。ひつまぶしそのものは『あつた蓬莱軒』や『いば昇』で出されていたと思う。ひつまぶしは、それらの店の常連が食べていた知る人ぞ知るメニューだったのである。 元水産業界紙の記者…

ローマ×名古屋のコラボメニュー⁉︎パスタ・デ・ココのカルボエッグ

先日、東京から来たフリーの編集者と一緒に仕事をした。とんぼ返りで東京へ帰るというので、KITTE名古屋の『ヨコイ』のあんかけスパと、名古屋駅構内のうまいもん通りの『味仙』の台湾ラーメンを勧めた。 「辛いものは好きなんですけど、激辛はちょっと…。あ…

ガテン系御用達の(?)なごやめし、皿台湾

昼に台湾まぜそばを食べると、夜に仕事から帰ってきた女房がしかめっ面で「お昼、ナニを食べたの!?」と必ず言う。どうやらニンニク臭いらしい。注文時に「ニンニク抜きで」と告げても台湾ミンチに入っているのだろう。そのため、女性は敬遠するかというとそ…

「海老おろしきしめん」はきしめんの最高峰だ!

丼ものの最高峰って何だろう。ここ何年かで流行ってるローストビーフ丼?それともステーキ丼?いや、マグロ丼?海鮮丼?それとも鰻丼か?では、きしめんの最高峰は何か。私は「海老おろしきしめん」だと思う。その名の通り、海老天と大根おろしをのせたきし…

名古屋エリア限定の「志の田」をご存じか?

少しシリアスな内容が続いたため、ちょっとここらで端休め(^^;) 私は初めて訪れる店できしめんを食べるなら、「かけ」と決めている。うどんと違って、カマボコや煮揚げ、青菜(ホウレン草など)、花かつおと具材が豪華なのでシンプルな「かけ」でも十分に楽…

リメンバー!なごやめし・3

河村たかし名古屋市長宛に要望書を提出してから、新メンバーもくわわり、私たちは「なごやめしの日」制定委員会と名乗って活動することにした。まずは飲食店を営む方に「なごやめしの日」制定の意義や私たちの思いを伝えようと、知り合いを中心に声をかけて…

リメンバー!なごやめし・2

「なごやめしを食べながら名古屋の街づくりについて考える会」とは、毎回設けるまちづくりに関するテーマに対して、「なごやめし」を食べながら年齢や性別、肩書きを超えて語り合う集まりである。いちばんの目玉は、河村たかし名古屋市長が臨席し、市民の意…

リメンバー!なごやめし・1

先日、ある仕事の打ち合わせで、私よりもやや年下、30代半ばくらいの経営者数人と話す機会があった。ランチなどで日常的に「なごやめし」を食べているのかを聞いてみたところ、ほとんど食べていないという。名古屋駅新幹線地下街『エスカ』など好立地に出店…

「しるこサンド」は名古屋のソウル菓子だっ!

「しるこサンド」、というお菓子をご存じだろうか?おそらく、名古屋で知らない人はいないだろう。まさに名古屋のソウル菓子ともいうべき存在であるが、知らない人のために少しだけ解説しよう。 「しるこサンド」の製造元は、愛知県小牧市に本社がある松永製…

天むすの生まれは三重、大きく育ったのは名古屋

「なごやめし」の一つとして知られる天むす。と書くと、「天むすは三重県が発祥だ!名古屋はパクリだ!」と、主張される方もいるだろう。その気持ちも解らないではないが、天むすを自動車に置き換えてみよう。 自動車はわが国の主要産業であり、日本車の性能…

あんこ入りコーヒーは、当たり前じゃねぇからな!

名古屋人は大のあんこ好き。というのは、小倉トーストの記事でも触れた。「大のあんこ好き」を強調するために、わざわざ「コーヒーにあんこを入れるほど」という一文を付けくわえた文章を見かけたことがある。たしかに名古屋にはあんこが入ったコーヒーはあ…

名古屋でかつ丼といえば…・その3(最終回)

皆様はどこでかつ丼を食べているのだろうか。かつ丼が食べられるのは、味噌かつ丼を紹介したときにも触れた、とんかつ専門店がまず一つ。ほかにも思い当たる店はあるだろうか。ファミレス?冗談はよし子さんである。旨いかつ丼を食べたいと思ったら、麺類食…

名古屋でかつ丼といえば…・その2

仕事柄、地方に出かける機会が多い。その土地の名物や人気の店を事前にネットでリサーチするのだが、仕事で疲れているときは駅ビルや駅構内の店で済ませることもある。そのたびに後悔することも少なくはない。それは名古屋駅も例外ではない。 ここ何年かで名…

名古屋でかつ丼といえば…・その1

福井や長野のソースかつ丼や岡山のドミかつ丼、新潟のタレかつ丼など地域によってそれぞれ特徴のあるかつ丼。味噌かつがデフォルトの名古屋では味噌かつ丼が定番!と、言いたいところだが、少数派とまではいかないまでも玉子とじのかつ丼を出す店の方が多い…

肉や骨、あらゆる部位から旨みが染み出す「純系名古屋コーチン丸鶏鍋」

味噌煮込みうどんが有名な『山本屋 大久手店』。普段、私はシンプルな「親子煮込み」、つまり、鶏肉と卵入りを食べるのだが、以前に「玉子入り純系名古屋コーチン煮込み」を食べさせてもらったことがある。そのとき、「親子煮込み」とあまりにも違うことに驚…

キング・オブ・なごやめし!ひつまぶし

いくら「なごやめし」がブームとはいえ、味噌かつや味噌煮込みうどんなど豆味噌を使った料理や濃厚でピリ辛のあんかけスパなど好みがハッキリと分かれる料理も多い。そんななかでも万民受けするのがひつまぶしだろう。 ひつまぶしの発祥店として名乗りを上げ…

リッチな気分になれるのがツボ!?イタリアンスパゲティの人気の秘密

ここ2日間ほど喫茶店の鉄板を使った料理を紹介してきた。名古屋エリア以外で鉄板はステーキやハンバーグなどの肉料理にしか使わないだろう。つまり、鉄板はセレブな料理の象徴なのである。だから名古屋で、それも大衆文化の象徴ともいうべき喫茶店で広がった…

台湾ミンチの汎用性の高さを証明した「鉄板台湾焼そば」

前回、喫茶店のフードメニュー、喫茶めしの代表格である焼きそばを紹介した。岐阜県多治見市にある『鉄板焼そば わが家』の店主、服部光晴さんは20年間喫茶店を営んでいた。やはり、焼きそばが人気だったそうで、6年前に店を移転する際に焼きそば専門店とし…

「喫茶めし」の代表格、焼きそば

東京で喫茶店に入ると、驚きの連続である。フードメニューが少ないのである。カレーがあればまだイイ方で、メニューの端っこにサンドイッチが載っている程度なのだ。しかも、やたらと高い。これではとても腹ペコを満たすことができない。えっ?喫茶店のフー…

大手外食産業VS個人経営店の仁義なきモーニング戦争

昨年3月、大手ファミレスチェーンの『デニーズ』が、朝10時までにコーヒーを注文すると、トーストとゆで卵が無料で付く名古屋風のモーニングサービスをスタートさせた。厳密に言えば、モーニングサービスの発祥の地は愛知県一宮市であるが、とりあえずここで…

♪ソースより、フツーに、味噌が好っき~♪

10年以上前、県外の人にいちばん理解されなかった「なごやめし」が味噌かつだった。「何もとんかつにまで味噌をつけなくても」とか、「とんかつに味噌というのはナイわ」など、さんざんdisられた。ところが、「なごやめし」のブームが起きると、手の平を返し…

おっさんたちの夢が詰まったお子様ランチ。『めりけん堂 小牧店』の「めりけん堂セット」

人間というのは欲張りなもので、正月も3日を過ぎた頃には、年末にあれだけ楽しみにしていたおせち料理やお餅が飽きてくる。「おせちもいいけどカレーもね♡」とは、本当に人間の心理を的確に突いた秀逸なキャッチコピーだと思う。 たしかに和食が続いた後はカ…

寒い季節は名古屋のご当地鍋「鶏の味噌鍋」で身も心もポッカポカ

鍋が美味しい季節である。鍋料理と聞いて、皆様は何を想像するだろうか?博多のもつ鍋や下関のフグちり、秋田のきりたんぽ鍋、京都の湯豆腐などなど、全国にはさまざまな鍋がある。名古屋でメジャーな鍋といえば、鶏の味噌鍋だろう。 私が初めて食べたのは、…

名古屋の旅で食べ損ねた「なごやめし」をフォローできる駅弁

お正月休みということで、帰省や旅行で名古屋へ訪れている方も多いと思う。電車での旅の楽しみといえば、駅弁。車窓からの景色を眺めながら、その土地の名物を詰め合わせた弁当を肴に缶ビールをグビリ。これ以上の贅沢はないだろう。 フリーカメラマン兼ライ…

派手好き名古屋の地味すぎるお雑煮

高校卒業後に進学や就職のために地元を離れたという方は多いと思う。しかし、名古屋では少数派。有名進学校は別として、私の高校時代では卒業後に地元を離れたのはクラスで2,3人程度だったと思う。なぜなら、大学や専門学校は沢山あるし、製造業をはじめ…

エビフライはタモリさんの名古屋イジリから脱却すべし!

「なごやめし」の一つとして定着しているエビフライ。エビフライはわざわざ名古屋に来なくても、どの地域でも食べることができるのだが、エビフライ=名古屋というイメージが広がったのは、30年以上前。今や大御所タレントのタモリさんが「名古屋の人はエビ…

モヤシ入り台湾ラーメンから伝わる名古屋のクラフトマンシップ

2年前に放映されたドラマ『LEADERS リーダーズ』を憶えているだろうか。来年3月に続編も放映されるようだが、国産自動車に人生をかけたトヨタ自動車創業者、豊田喜一郎を描いた物語である。外国車をバラバラに分解して、パーツの一つ一つを研究・分析するシ…

きしめんといもかわうどん2

いもかわうどんを再現しているのは、刈谷市一ツ木町にあるうどん店『きさん』。詳しく話をうかがう前にまず、いもかわうどんの麺を見せていただいた。 これがいもかわうどんである。平打ちなのはきしめんと変わらないが、最大の違いは色。きしめんは真っ白だ…

きしめんといもかわうどん1

数ある「なごやめし」のなかで最も古いのが、きしめん。平打ちした麺をたまり醤油を使ったつゆにホウレン草などの青菜、煮揚げ、花がつおを盛り付けたスタイルは江戸時代の終わりから明治時代初期には確立されていたらしい。きしめんは、今も昔も大衆のため…

ティータイムを豊かにする喫茶店の「おつまみ」

大阪のオバチャンのバッグやポケットに常備している「アメちゃん」。テレビでも取り上げられ、すっかり全国区になっているが、名古屋のオバチャンも常備しているモノがある。それは小袋に入った柿ピーやマドレーヌ。孫や知り合いの子供に、 「ほら、エエもん…

名古屋で「台湾」といえば…

台湾、と聞いて何をイメージするだろうか?大半の方は中華民国、すなわち国名を思い浮かべるだろう。名古屋人はラーメンを連想する。台湾ラーメンは、千種区今池にある台湾料理店『味仙』が発祥。昭和46年頃、台湾出身の店主が従業員の賄いとして、台湾では…

きしめん人気復活のカギとなるのは

2年ほど前から、きしめんの旨さにハマった私。今では週2回以上のペースで食べている。身近にこんな旨いものがあったのに、気が付かなかったことがライターとして情けないったらありゃしない。 これまで何度かグルメ情報誌『おとなの週末』やグルメ情報サイト…

「なごやめし」を支える豆味噌の秘密

味噌かつや味噌煮込み、味噌おでんなど「なごやめし」を語る上で欠かせないのが味噌。東海地方で味噌といえば大豆と水、塩のみで作った豆味噌である。(赤味噌と呼ぶこともあるが、長期熟成の米味噌も赤味噌と呼ばれるのでここでは豆味噌とする) 私は1年365…

味噌煮込みうどんは一宮で生まれ、名古屋で進化した?

所用で一宮へ。そのついでに味噌煮込みうどんを食べた。一宮で味噌煮込みうどんといえば、真清田神社からほど近い『太田屋本店』である。店内の壁にかかったお品書きには「味噌煮込みうどん」ではなく、シンプルに「うどん」と記されている。麺類はこの「う…

あんかけスパにも手作りの温かみを

ピリ辛でとろみのあるソースで食す、あんかけスパ。生まれて初めて食べたのは、今から30年ほど前、高校生のときだった。しかも、『ヨコイ』や『そーれ』ではない。大須・万松寺通商店街入り口の近くにあった『むぎっこ』(店名はカタカナだったのかアルファ…

「なごやめし」という表記にした私の思い

私は名古屋市の隣町に住んでいる。県外の人、とくに東京の人から住んでいる場所を聞かれると、「名古屋です」と答えている。レッキとした住所詐称である。名古屋市外在住の方でそんな方も多いのではないだろうか。 少しでも都会に住んでいると思われたい、そ…

きしめんの真骨頂は「つゆ」にあり。

10年ほど前になるが、仕事で香川県へ行ったとき、生まれて初めて本場の讃岐うどんを食べた。世の中にはこんなにも旨いうどんがあるとは!と、感激した。ところが、今年3月に再び香川県で讃岐うどんを食べたとき、前回のような感激はなかった。名古屋の百貨店…