永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

ブログ再開から1年。

本日1/15でこのブログを再開させて丸1年になります。 飽きっぽい私がよくもまぁ、 1年間も毎日欠かさずに更新できたと思っています。 これもひとえに、 毎日拙ブログを見に来てくださる読者様のおかげです! 数にして、1日250人。 コメントをいただくことは…

焦りと足掻き。

このブログは、名古屋めしをテーマとして2016年11月30日からはじまり、2017年12月31日まで不定期に書いていた。当時は名古屋めしに関する講演の仕事が多く、そのレジュメにしようと思ったのがきっかけだった。 ありがたいことに名古屋めしについて書いたペー…

見つめ直す。

昨年4月、50歳の誕生日を迎える前、私は4つのことを続けようと心に決めた。それは以下の通り。 1.ブログを毎日更新すること。 2.仕事・プライベートに関係なく、できるだけ多くの人と会うこと。 3.1枚でも多くの写真を撮り、1文字でも多くの文章を書く…

書けないとき。

「原稿が書けないときって、どうするんですか?」と、よく聞かれる。 私の答えはこうだ。 書かない。 書けないときにヒネリ出しても、いいものができないのだ。あ、ただし、それは〆切に余裕があるときに限るけどね。 私の場合は、原稿書きから離れて、まっ…

ウルトラ集中力。

年末に新しい仕事のオファーをいただいた。1月~3月まで各2本ずつの連載。1月は第2週。つまり、今日中に入稿しなければならない。年末の仕事納めの時期に取材アポをとって、1/6(月)と1/9(木)に取材へ行くことになった。 1/6(月)の取材は、翌日かその翌…

さらに、前へ。

フリーとなった四半世紀前から、ずっと年賀状にその年に掲げた目標というかテーマを載せている。 一つは、宣言したからには目標をクリアせねばならないから、自分自身にプレッシャーをかけるという意味で。 一つは、私が仕事で取引している編集者はほとんど…

ゆっくり歩こう。

脇目も振らずに前へ進む。 たしかに、自分にはそんな時期もあった。 それをよしとしてきた。 しかし、今は違う。 進んだと思ったら、少し戻って、 考えてから、また進む。 その繰り返し。 昔の自分だったら、それがじれったくて、 「オイ!ナニやってんだ!? …

人としての器。

ある取材で何軒もの飲食店を手がけるオーナーと話す機会があった。 「飲食の世界にいると、いろんなヤツが流れ着いてくるんですよ。借金を抱えていたり、お客さん相手の商売なのにコミュ障だったり。人としてどうなのよ?っていうヤツが」と、オーナー。 よ…

一太郎。

1月3日に仕事用のPCをWindows 8.1から10へアップグレードした。その際、ワープロソフト「一太郎」で作成してバックアップをとってあったファイルが読み込めないという大トラブルが発生した。 バックアップしたファイルの中には、年末に書き終えた原稿があっ…

ブログとオノレの人生。

お世話になった方からいただいた年賀状に「いつもブログを見ています」と書かれていた。それも1人や2人ではない。Facebookでもつながっているが、「いいね!」とかコメントもあまりいただいたことがない方からの年賀状にもそう書いてあった。 年末に開いた旧…

試練。

1月3日のブログに書いたように、 Windows 10にアップグレードしたPCで 一太郎のファイルが読み込めない。 今日は朝ご飯も食べずに あらゆる方法を試みるもダメ。 ブログやFacebookに寄せられたコメントも 参考にやってみたが、これもダメ。 すべてダメだった…

老い。

昨日まで正月休みだったせいか、ブログのネタがまーったく浮かばない。無理矢理にヒネリ出そうとしても、まーったく出ない。ブログネタが思いつかない理由は、休みボケ以外にも思い当たるフシがある。 安定しているのだ。仕事もプライベートも。精神も身体も…

PCの大掃除。

正月休み2日目は、PCと格闘。何しろ、わが家にある全3台のうち、デスクトップ1台はWin8.1、ノート2台はWin7と、すべて旧モデルなのである。とくに女房が経理の仕事で使っているノートは、かなり動きがモッサリとしていて、イライラするほど。 Win7のサポート…

女房の実家へ。

女房の実家は、義父母が亡くなってから義兄が一人で住んでいる。義父母が元気だった頃は、毎年新年の挨拶に訪れた。そこに義姉の家族も集まり、賑やかなお正月を過ごした。子供たちも祖父母と叔父、叔母からお年玉が貰えるので、楽しみにしていた。 ところが…

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 令和2年の幕が開いた。 今年、私は50歳から51歳になる。 50歳というのは、 40代の名残というか、 50代に対して 抵抗したい気持ちがある。 しかし、51歳になれば、 本格的に50代へと突入する。 いくら未練があっても、 …

本年も大変お世話になりました。

今日は一滴も飲んでいないからご安心を(笑)。 印刷し終えた年賀状をポストに投函してきた。友人や同業の仲間、一度でもお仕事をいただいたり、無理なスケジュールにもかかわらず取材を受けてくださったりした、私とご縁のある方は名簿にしてあり、その数は…

心地良い時間。

昨夜は、旧友たちと忘年会。いやぁ、旨い料理をアテに日本酒を楽しんだ。ってことで、昨夜と同様に酔ったままブログを書く(笑)。 会場は、以前に『DANRO』などでも紹介した名古屋駅太閤通口からすぐの『寿司と酒 十六夜(いざよい)』。 danro.asahi.com i…

雑文。

年の瀬になると、いろんな思いが胸中に去来する。今年もまだ残り3日あるので、振り返るのは早いかもしれないけど、どうしても振り返ってしまう。そして、来年こそは大きく飛躍しようとか思ってしまう。令和元年の大晦日と令和2年の元旦と比べても、ほぼ変わ…

取材の、醍醐味。

取材先でウレシイことがあった。 取材の途中で話が何度も脱線し、ときには悩み事相談になってしまったものの、1時間半ほどしっかりと話を聞き、頭の中で記事の構成も何となく出来上がった。 「だいたい、これくらいお話を聞けば記事は書けますので」と、私。…

心の支え。

あなたの「心の支え」は何ですか? と、聞かれたらどう答えるだろうか。 大切な人だったり、 愛する家族だったり、 信仰している宗教だったり、 人格形成に影響を与えた一冊の本だったり、 没頭できる趣味だったりするだろう。 人によっては他にもあるかもし…

年賀状。

年賀状を作った。 毎年、今年の目標というか、生き方の指針を書くようにしている。以前は、過去のことをいっさい忘れて(見なかったことにして)希望だけを書いていた。今思えば、オレって何ておめでたいヤツなんだろうと思う。 でも、年賀状に書いたことは…

クリスマス。

クリスマスである。バブル真っ盛りの頃は、クリスマスイブには赤坂プリンスホテル、通称“赤プリ”で泊まるのがステイタスとされていた。名古屋の場合は、ヒルトンか名古屋観光あたりだったと思う。ちなみに当時はマリオットはまだ開業していなかった。↑写真は…

考える時間。

ブログを書き続けて気がついたことがある。 それは、ブログを書くという行為よりも、何を書こうかと考えている時間の方が重要であるということ。 日記的な内容は極力控えようと思っているので、今日起こった出来事を振り返ることもない。何を書こうかと考え…

見る。

写真とは、写し手の見たものを 「切り取る」作業である。 わかりやすく言えば、 自分が見ているものに 「窓枠」をはめるような行為だ。 どの部分に「窓枠」をはめるか? そんなことを考えているときは、 自分でも驚くほど冷静になっている。 いや、冷酷と言…

私の美学。

今日、ツイッター経由でキー局の某番組スタッフの方から連絡があった。久しぶりにキー局からの出演オファーかと思いきや、 「番組が選んだメニューを、『名古屋めし評論家であるナガヤさんが太鼓判!』というカタチで紹介したいんです」とのこと。 早い話が“…

存続。

今年1月15日から、このブログを毎日更新してきた。 もう、ブログを書くことは生活の一部になっていて、苦になることはなくなった。考えてみれば、文章を書くことがキライだった私にとっては大きな進歩である。相変わらず、仕事で原稿を書く作業は困難を極め…

向き合う。

写真は、名古屋市緑区『花ごころ 緑苑』の「和楽膳」。どれも丁寧に作られていて、ひと口味わうごとに心が和む。 料理を通じて、味のみならず料理長や店を切り盛りする伊藤嘉美さん、お母さんの人柄までも伝わってくる。 これって、スゴイことだと思う。私も…

ナガヤにしか撮れない写真と ナガヤにしか書けない文章。

いかん。 年末ということもあり、 仕事がソコソコ入っている。 それに安心してしまっている自分がいる。 もちろん、仕事のオファーをいただけるのは、 ありがたいことであるし、 自分を必要としてくれている人がいると思うだけで嬉しい。 しかし、 お前はそ…

天ぷらラーメン。

今年10月、『スガキヤ』で40年以上ぶりに「天ぷらラーメン」が復活したというニュースを知り、懐かしい気持ちでいっぱいになった。 天ぷらラーメン、小学生の頃に食べたなぁ。和風とんこつと90%は衣でできたエビ天が妙にマッチしていたのを覚えている。エビ…

クズの愚行。

ライターでもある私は、 文字を書くことで自分の気持ちを整理する。 その役割を果たしているのが、このブログだ。 日が経ってから読み返すと、 赤面するほど恥ずかしくなることが多々ある。 だからといって、 その記事を削除したりはしない。 人生の汚点とな…