永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

プロをめざすボランティアライターと500円カメラマンの諸君へ。

f:id:nagoya-meshi:20171027012150j:plain

誰もが知っている有名な旅行ガイドブック会社から、運営するブログ執筆のオファーを受けた。写真と文章を生業とする私は、当然、仕事の依頼だと思い、メッセージに記されていたURLにアクセスし、ライター募集のHPを見た。

ギャラについては、年に2回、約200名の中から優秀なライターを選出し、3~10万の報酬が支払われるという。これって、仕事ではなく、ボランティアで書けということではないのか。

このボランティアを経験したライターは、行政や大手企業から仕事がもらえたり、旅行ガイドブックの現地調査協力をしたという「過去実績」も載せていた。おそらく、駆け出しのライターは、これを真に受けて応募しちゃうんだろうなぁ。私も20代だったら、考えていたかもしれない。

しかし、こんなウマイ話はないから。過去実績がウソというわけではない。年に2回、選出された優秀なライターの中のごく少数がそういった仕事をもらっているのだろう。大半のライターはタダ働きして終わりだ。

本気でライターをめざすのなら、ボランティアで書いて書いて書きまくり、チャンスを待つよりも、作品を持って出版社を訪ねることだ。そっちの方が手っ取り早い。実際、私もそうだったし。そもそも、オファーを出す相手が、ボランティアで書かせている文章でがっつり商売してるわけである。あまりにも不公平ではないか。

それと、最近よくFacebook上で、「今だけ1コイン(500円)撮影キャンペーン」という激安のイベント(?)を見かける。それも、写真とはまったく関係のないページで。

「ウチの宝石を海外ブランドのポスターのように撮って♡」とか、「ウチの工場の全景をドローンで撮って♡」とか依頼されたら、どうするんだろ。500円という金額で儲けが出ると判断しているからこそ、キャンペーンを展開してるんだよな?じゃ、やれよ(笑)。きっと、

「500円のキャンペーンでできた縁を大切にして、今後につなげる」とか考えているんだろうなー。夢を壊して申し訳ないんだけど、次にはつながらないから。それどころか、プロカメラマンとしての、自分自身の価値を下げているのがわからないのだろうか。

プロのカメラマンなら誰でも、「どうしたらもっとキレイに撮れるか」を常に考えている。浮かんだアイデアをテストしたりして、常に腕を磨いている。少しでも写真のレベルが上がると思ったら、無理してでも高い機材を買う。それは、500円で撮影を引き受けるためではない。プロカメラマンとしての価値を上げて、より高い報酬を得るためである。500円カメラマンの諸君、わかるかなー。

※写真は、ある日の現場。この撮影を500円で完璧にやってくれるなら、間違いなく下請けに使うけどね。