永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

親父の泪は次男にどう映っただろうか。

f:id:nagoya-meshi:20190117214952j:plain

幼い頃は何でも話してくれた次男。

最近では思春期のせいか、話を聞こうとしても
「どうせ自分の気持ちなんてわかってもらえないから」と、心を閉ざしている。

「話したくないなら話さなくていい。お前がどんな状態であっても、たとえ犯罪者であっても、オレはお前を愛してる。それだけは絶対に忘れるんじゃないぞ!」と私。

話をしているうちに、私の頭の中で次男が生まれたときや初めて歩いたとき、幼い頃に一緒に遊んだときなど情景が走馬燈のように駆け巡った。

幼い頃の次男も、今の、思い悩む次男も同じように愛しいと感じた瞬間、涙が溢れてきた。次男も泣いていた。

私と次男の関係が少しだけ変わったような気がする。