永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

大阪・日本橋『き田たけうどん』へ。

f:id:nagoya-meshi:20190120220015j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190120220130j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190120220149j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190120220211j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190120220226j:plain

前からずっと行きたかった大阪・日本橋の『き田たけうどん』へ行ってきた。

店主の木田さんは、『釜たけうどん』時代に取材したことがあり、何年か前に「日本食学会」のイベントで再会した。その後、Facebookでも繋がり、木田さんが名古屋へ訪れたときに一緒に呑んだこともあった。そんなご縁である。

すっかり名古屋ならではのムロアジベースのだしとたまり醤油ベースのかえしに慣れてしまっている私だったが、とても美味しかった。特筆すべきは麺。細くてのど越しがよく、もっちりとしているのだ。こんな麺はなかなかお目にかかったことがない。

今回は、定番の「ちく玉天ぶっかけ」を注文したが、次回はもう少し冒険してみようと思った。

木田さん、大原さん、ご馳走様でした♪ ありがとうございました(^^)/