永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

喰った者を狂わせる!? 史上最強の〆ご飯

f:id:nagoya-meshi:20190201231307j:plain

「変態焼肉」の会場である名古屋市天白区『天火山』は、何を注文してもハズレはない。だからこそ、イイ年したおじさんやおばちゃんが「うんめーーーーーっ!」と絶叫してしまうほど盛り上がるのだ。

なかでもいちばん旨すぎて驚いたのが、〆のご飯「牛めし」。おそらく、いや、絶対に史上最強の〆ご飯であると断言できる。

牛めしに使用している肉は、1人1回しか注文することができない「薄切り塩カルビ」。それを玉ネギとともに特製ダレでさっと炒めてある。「薄切り塩カルビ」は、力強い味わいの前バラ。肉そのものの旨みと上品な脂の口溶け、甘辛い特製ダレが相まって、箸が止まらなくなる。

しかも、値段は驚きの450円。卵黄のトッピングが50円で計500円。大きめのご飯茶碗に入っているとはいえ、あまりにも安すぎる。牛丼チェーンじゃないんだから(笑)。

f:id:nagoya-meshi:20190201231338j:plain何といっても、卵黄を潰して、全体に馴染ませて喰らうのがオススメだ。卓上にある唐辛子やコチュジャンをかけても旨い。もう、今思い出しただけでムショーに喰いたくなる。ああ、今すぐ喰いたひ!

私なんか、焼肉をおかずに白メシ大を喰った後でも注文する。この前なんか、「変態焼肉」初参加の女子とカメラマン仲間が一杯の牛めしを巡って醜すぎる争いが勃発してたもんな(笑)。結局、もう一杯追加注文したけど(笑)。

人を狂わせる牛めし。まさに「変態焼肉」には欠かせない必須メニューだ。