永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

トマトジュースのような小便と楽天ポイントと親子丼。

f:id:nagoya-meshi:20190203162008j:plain

何とも下品なタイトルで申し訳ないが、これにはワケがある。昨日の早朝、腰のあたりに鈍痛があり、それで目覚めてしまったのだ。

布団の中でうずくまっているうちに痛みが和らぎ、いつの間にか眠ってしまっていた。あの痛みは夢だったのか───。そう思いつつ、トイレへ行くと、イッキに現実へ引き戻された。

トマトジュースのような小便だったのである。

またか、と思った。尿路結石だ。最初に発症したのは21歳のとき。入院・手術するはめになり、女房、いや、まだ当時はまだ結婚する前だから彼女か。交通アクセスの悪い病院へ電車とバスを乗り継いでお見舞いに来てくれた彼女に「しびん」に入った血で染まった小便の処理を頼んだことを覚えている。

しかも、その日は彼女の誕生日だった。そんなおめでたい日に「しびん」、それも血まじりの小便入りを持たせてしまう私は、本当に罪な男である。おかげで一生忘れることのできない誕生日となっただろう。

30代前半までに2回ほど尿路結石で入院・手術をした。その後も腰に鈍痛を覚えることもあった。ときにはトイレで用を足しているときに約5ミリ大の「石」が出たこともあった。

その予兆を感じていたので、「茶こし」を使ってスタンバイしていたのだ(笑)。それは「石」、というよりも、結晶が結合した感じであちこちが尖っていた。こんなモノが尿路で暴れているのだから痛いはずである。今回の「石」も早く出ないかなぁ。

ゲッソリしたまま昼食を摂るためにリビングへ行くと、

コンタクトレンズがなくなったので注文してください」と、次男。長男も次男もコンタクトレンズをしていて、私がネットで注文することにしている。その際、私の楽天ポイントを使うことが多のだが、考えてみると、私がコツコツと貯めたポイントで私のものを買ったことがない。

私の欲しいものは、仕事関係のものになるから、ポイントで購入すると経費にならないのだ。それにしても、何だか納得がいかない。オレは子供のコンタクトレンズを買うためにポイントを貯めてるのではないぞ!

今度ある程度ポイントが貯まったら、服やカバンなど自分の好きなものを買うために使おうと心に決めた。

写真は、この前撮影した某店の親子丼。身体のことを考えて、食生活も見直さなきゃ、な。