永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

チャーハンの大盛+100円。さぁ、キミはどうする!?

ライスの大盛・おかわり自由───。

言うまでもなく、食いしん坊が大喜びするフレーズである。

ネットや看板でそれを見ると、つい、店へ吸い寄せられるように入ってしまう“食いしん坊ホイホイ”の役割も果たしている。

次に嬉しいのは、並盛がわずかな追加料金で大盛になるというケースね。

「あ゛ーっ!あと100円払えば満腹になったのにぃ!」と、後悔したくなければ、わずかな金額を払うことを躊躇してはならないのである。

と、思っていた私だが、先日、大失敗してしまった。

f:id:nagoya-meshi:20190225203340j:plain

名古屋高速東新町インター入口近くにあるラーメン店『よしき』へ行ったときのこと。ここは「チャーラー」(700円)が名物で、ずいぶん前に、少なくとも1年以上前に行ったきりだった。味もボリュームもまったく覚えていないので、再訪しようと思ったのだ。

で、もちろん、目当てはチャーラー。メニューをよく見ると、「チャーハン大盛+100円」とあった。名古屋のど真ん中で、チャーラーが700円という安さで出しているということは、半チャーハンに違いないと思った私は、迷わずチャーラーのチャーハン大盛を注文した。

『よしき』は、カウンター席のみなので、調理するところが見える。厨房に2人いて、それぞれラーメンとチャーハンの調理を担当している。オーダーが通ると、まず、ラーメン担当の人が麺を茹で、丼にタレを入れた。

少し遅れて、チャーハン担当の人が大きなオタマでご飯をすくって、中華鍋に投入した。やはり、大盛はかなりボリュームがあるなぁ……と、思ったら、再びご飯をすくうではないか!まさか、あれが大盛!?いや、ほかの客が注文したチャーハンかもしれない。

f:id:nagoya-meshi:20190225204637j:plain

そんなことを考えていると、まずラーメンが目の前に運ばれた。チャーシューとメンマ、ネギのシンプルな醤油ラーメンである。味も見た目のまま。可もなく不可もなく。チャーラーのラーメンはこれでイイのだ。

ラーメンを食べていても、チャーハンの量が気になって仕方がない。厨房に目をやると、ちょうど炒め終わって、フライパンからオタマへ移すところだった。そして、オタマから器へ盛られた。

うん、やっぱり、大盛はオタマ一杯くらいのボリュームなのだと胸を撫で下ろしていたら、その上からまたオタマ一杯分のチャーハンを盛るではないか!

f:id:nagoya-meshi:20190225203134j:plain

これがチャーラーのチャーハン大盛。大きな茶碗2杯分は軽くあるだろう。まったく、大盛にもほどがある。と、いうことは、並盛でも十分に量があったということが推測できる。

さて、肝心な味だが、やたらとコショウ辛いのが印象的。働く男たちのチャーハンといったところか。味よりも、まずこの量で精神的にヤラれてしまい、とにかく完食せねばというプレッシャーでよく覚えていないのが正直なところだ(笑)。

大盛を注文しておいて残す、という愚行だけは何としてでも避けたい。額に大量のアブラ汗をかきながら、やっとの思いで完食した。

今回、学んだのは、事前に十分なリサーチをしていない店でチャーラー大盛を注文するのはキケンであるということ。『よしき』にはまたあらためて行きたいと思う。