永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

生命の炎。

f:id:nagoya-meshi:20190502081019j:image

人は、何も持たず、たった独りでこの世に生まれる。

人は、何も持たず、たった独りでこの世を去る。

生命は、蝋燭に灯る炎のようなもの。

生命の炎は、必ず消えるときが来る。

そう意識したとき、

今日という当たり前の日が、

もう二度と訪れない、かけがえのない一日となる。

愚痴らず、人を羨まず、

ただ、ただ、オノレの生命の炎を燃やす。

そこに、人は集まってくる。

そこに、幸せがある。

生命の炎が燃え尽きる最期の日まで、

私は生きる。