永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

おや?また覆面取材ですか?

f:id:nagoya-meshi:20190505222727j:plain

これまで何百軒、いや、何千軒の店に取材へ行った。それをきっかけにプライベートでも食べに行くようになった店もある。名古屋市北区清水の『天ぷら かき揚げ 光村』もその一つ。

www.tp-mitsumura.com

初めて訪れたのは、おそらく15年ほど前。『おとなの週末』の取材が縁となった。『おとなの週末』は、客に扮したライターが店へ行く、いわゆる“覆面取材”で本当に美味しかった店だけを紹介するのが編集方針。ここにも覆面取材で訪れた。

食べ歩いた中でも群を抜いて美味しかったので、取材を申し込んだところ、快諾。名物の「かき揚げ丼」の写真が誌面を飾った。

f:id:nagoya-meshi:20190505222756j:plain

「かき揚げ丼」のかき揚げは、10尾分の海老と三つ葉のみとシンプル。油は、江戸前らしく最高級のごま油とサラダ油をブレンド。絶妙な火加減で、海老の甘みとプリプリとした食感を引き出している。

初めて食べたとき、大きくて食べ応えがあるにもかかわらず、まったくしつこくないことに驚いた。これは、しっかりと油切りをしているからにほかならない。当たり前だと思うだろうが、意外とできていない店が多いのだ。これもいろんな店を食べ歩いたことでわかった。

丼つゆにも特徴があり、千葉・銚子産の醤油をベースとした甘辛い味付け。これがご飯とかき揚げを見事に一体化させるのだ。細かい話になるが、ご飯の炊き加減も、しじみ入りの赤だしも、キュウリと大根のぬか漬けも完璧。これで1300円(2019年5月現在)は絶対に安い。

f:id:nagoya-meshi:20190505222830j:plain

あー、思い出しただけでまた食べたくなってきた。『おとなの週末』に掲載された後も同じように食べたくなって店へ行った。すると、出迎えてくださった代表の水谷之俊さん(写真)は、

「おや?また覆面取材ですか?」と、疑いまくり(笑)。もちろん、私は否定したが、なかなか信じてもらえない(笑)。まぁ、実際、その後も別のメニューをチェックするため覆面取材に行ったこともあるので仕方がないが(笑)。

プライベートで訪れても取材ではないのかと疑われることは、フードライターである私にとっては最高のおもてなしである。むしろ、私の顔を見て、眉をひそめることがあってもよいと思う。何を書かれるかわかったものではないんだから。

こんな取材でのエピソードも、これからブログに書いていこうと思う。