永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

おとうさん大すきだよ。

f:id:nagoya-meshi:20190507204233j:plain

古いシステム手帳のポケットから、息子たちからもらった手紙や、私が撮ったプリント写真が出てきた。

f:id:nagoya-meshi:20190507204403j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190507205058j:plain

これは、「ムシキング」が流行っていた頃(2005年)なので、長男が7歳のときだ。と、いうことは、小学2年生くらい。長男は5歳頃から昆虫が好きになり、大学4年生となった今でも網を持って昆虫を追いかけ回している(笑)。

f:id:nagoya-meshi:20190507210627j:plain

2005年は、私が入院した年でもあった。退院時に長男から手紙をもらった。これは紙を折って、セロテープで貼り合わせて作った封筒である。そこには、

「この中を見てね。おとうさん大すきだよ。この中はおたのしみ。おとうさんへ たいいんおめでとう。」と、ある。

ところが、なぜか私は封を開けていなかったのである。まったく、最低の父親だ。

そこで、14年の時を経て開封してみた。

f:id:nagoya-meshi:20190507221628j:plain

中に入っていたのは、「ギラファノコギリクワガタ」の絵。

「おとうさんへ たいいんおめでとう。あとでいっしょにあそぼうね。ひろきより」というメッセージも添えられていた。

f:id:nagoya-meshi:20190507222325j:plain

それと、もう一つ。赤い折り紙で作った……これは名鉄電車だろうか。ここにも

「おとうさん大大大大大大すき」と書いてある。

こちらは、おそらく次男(当時4歳)が書いたものだと思う。

それにしても……長男も、次男も、どれだけ私のことが好きなんだ(笑)。

2005年は愛知万博もあって、めちゃくちゃ忙しかった。あまり子供と遊んでやることもできなかったので、手紙を書いてくれたのだろう。

今は長男が21歳、次男は18歳になってしまったが、私の中では幼い頃のまま。今でもハグしたい衝動に駆られる。隙を見て、というか、ガマンできずにハグしてしまうこともある(笑)。

あ、開封しなかった手紙の返事を書かなきゃな。

おとうさんも、大大大大大大大大大大すきだよ!