永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

父と母に会いに行ってきた。

f:id:nagoya-meshi:20190614195604j:plain

京都出張の際、行きか帰りに時間があるときは、

八坂神社の近くにある「大谷祖廟」へ必ず足を運ぶ。

「大谷祖廟」は、親鸞聖人の墓所であり、

父と母の遺骨を納めた場所でもある。

だから、父と母に会いに行って、近況などを報告するのである。

悩んでいるときや、心がモヤモヤしたときに行くと、

必ず善い方向へ導いてくれるような気がするのだ。

で、今日も京都出張の帰りに寄ってきた。

f:id:nagoya-meshi:20190614195654j:plain

心を落ち着かせて、焼香して手を合わせると、

瞼の裏に元気だった頃の父と母の姿が浮かんでくる。

2人ともおだやかな表情で微笑んでいる。

「今のオレは、親父とお袋が喜ぶような生き方をしているのだろうか?」

そう問いかけても返事はなく、ただ微笑んでいる。

f:id:nagoya-meshi:20190614195722j:plain

父と母は、私がカメラマンになることも、

会社を辞めてフリーになることも、反対しなかった。

むしろ、応援してくれた。

フリーになってから、忙しく仕事をしている姿を見て喜んでくれた。

合掌しながら、ふと、そんなことを思い出した。

「大谷祖廟」へ来ると、気持ちがリセットされる。

私にとって大切な場所なのである。