永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

手放すから、入ってくる。

f:id:nagoya-meshi:20190630171544j:plain

梅雨入りしたからなのか、気分が晴れない。

残された時間は僅か。

だからこそ、これからの人生は、

仕事も、プライベートも本気で生きて、

自分にしかできないことをやろうと決めた。

しかし、多くのことが自分の前に立ちはだかる。

立ち止まっている余裕なんてないのに。

もどかしさばかりが募る。

そんな中、Facebookで繋がっている

『Tsurumen Davis』の店主、大西益央さんの投稿を見た。

www.mbs.jp

そこには、

 

「手放すから、どんどんまたメンバーが入ってくる。」

約1年のラーメン修行を本日卒業したモルガン。

次のステージも応援し続けます(^^)

Thank you for enjoying to work with me.
Love.

 

と、あった。

大西さんの店で働いていた方が卒業するという、

飲食店においてはよくある話題。

しかし、私は心をえぐられたような気持ちになった。

「手放すから、入ってくる」

これは真理だ。逆に言えば、

「執着するから、入ってこない」

今の私は、まさにそれだ。

 大西さんにレスをすると、

 

お久しぶりです!

はい(^^)

大きなものを手放すともっと大きなものが入ってきます(^^)

 

との返事をいただいた。

人は半世紀も生きていると、いろんなものを背負い込む。

時としてそれが自身の成長を妨げる障害となる。

そんなもの、手放せばよいことは頭ではわかっている。

できないのは、私の弱さであり、執着であることも。

もっと言えば、逃げ道やできなかったときの言い訳にもなる。

そんな姑息で卑怯な生き方はまっぴらごめんだ!

何があっても動じず、何事にもとらわれない、

自由な生き方がしたい。

 

大西さんのことは『情熱大陸』を見てから、ずっと注目している。

きっと、取材のオファーは沢山来ているだろうが、

いつか彼にお目にかかって、取材したい。撮影したい。

そして一冊の本にまとめることができたら……。

私のように、彼に刺激を受けた多くの人が

自身の人生を自由に、面白く生きて……。

ひいては世の中がもっと面白くなるだろう。

そんなことを考えている。