永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

芸能人。

f:id:nagoya-meshi:20190715215114j:plain

テレビの収録へ行ってきた。内容は、私のお気に入りの店に芸人の横澤夏子さんをアテンドするというもの。テレビの仕事は、私の本業である雑誌やネットの取材とあまりにも勝手が違うので、いつもクタクタになる。きっと、普段は使わない神経を使うのだろう。

何しろ、限られた時間の中ででできるだけ多くの情報を伝えつつ、かつ、個性を出さなければならないのである。素人である私はシドロモドロだが、横澤夏子さんはさすが芸人。現場の空気を瞬時に読み取って、適切なセリフを面白おかしく繰り出す。しかも、店のご主人やスタッフ、その場に居合わせたお客さんへの配慮も忘れない。

横澤夏子さんと合流したのは、昼1時すぎ。で、終わったのは夜7時半頃。番組のディレクターによると、今日、彼女は午前中、というか朝に東京で仕事を終えてからこちらに来て、夜はまた東京で仕事があるという。売れっ子ならではのウルトラハードスケジュールである。

にもかかわらず、カメラが回っていないロケバスの中でもまったく疲れたところを見せない。本当にスゴイ。まさにプロだ。私がプロデューサーなら、また使いたいと思うし、別の番組でも起用したいと思うもんなぁ。

仕事柄、芸能人やスポーツ選手を取材したり、撮影したりすることはある。皆、礼儀正しく、好感が持てる人ばかり。とくにここ数年の間でお目にかかった中で嫌な思いはしたことがない。と、書くと、嫌な思いをしたことがあるのか?と突っ込みたくなるだろう。

結論から言えば、ある。10年以上前に某番組でロケに出たときのこと。ロケバスの中で某男性タレント(本人は役者だと思っているが、断じて私は認めない・笑)とやりとりするシーンがあった。

まだテレビになれていない私はセリフを噛んでしまったのだ。すると、ヤツは「チッ!」と舌打ちしやがったのである。ヤツはその時点で私の「殺すリスト」にくわえられた。

たしかに、当時、ヤツは売れまくっていたから、何をやっても許されると思っていたのだろう。でも、年を追うごとにレギュラー番組が少なくなり、今は滅多にテレビで見かけることはない。初対面で、しかも、素人である私に対してそんな風なので、スタッフへの態度は想像できる。ヤツは間違いなく「干された」のだ。

百歩譲って、テレビでも傲慢なキャラで売っているのであれば、まだ許せる。しかし、カメラが回ったときの爽やかな好青年キャラへの豹変ぶりは、呆れるどころか笑えてきた。あー、嫌なことを思い出した。

あ、番組の放映日等の詳細はまた後日お知らせします。お楽しみに。