永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

治癒力。

f:id:nagoya-meshi:20190612225712j:plain

朝、目が覚めてから、ずっと頭が痛かった。

首の、頭のつけ根の部分がガチガチに凝っていて、

こめかみや目の周りも指で押すと痛い。

栄養ドリンクを飲んでも、頭痛薬を飲んでも治らない。

食欲もなく、仕事場のソファで1時間ほど眠っても痛みは癒えず。

こんな日に限って取材が入っている。

取材の帰りにマッサージへ行って、思いきりほぐしてもらおうか……。

そんなことを考えながら、車を現場へと走らせた。

現場に到着して、お店のご主人に挨拶。

いつものように、レンズを装着したカメラを三脚の上に。

いつものように、照明機材をセッティング。

いつものように、露出計で露出を測ってシャッターを切る。

いつものように、機材を撤収。

いつものように、撮影した料理をつまみながらインタビュー。

1時間半強で取材・撮影を済ませて車へ戻った。

すると、いつのまにか頭痛が治っていた。

っていうか、頭痛だったことを忘れていた。

自分の好きなことに集中すると、

人間が本来持っている治癒力が高まるのだ。

明日も明後日も取材。

その後は何ページかの原稿を仕上げねばならない。

今夜は早めに休もう。