永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

カッコイイわけがない。

f:id:nagoya-meshi:20190722214616j:plain

私のような木っ端ライターの雑文ブログでも、ときどき感想をくださる読者様もいる。しかも、女性(嬉)。Facebookやインスタで「いいね!」をしてくださる方は男性ばかりだし、身勝手なことばかり書いているから、ブログの読者様の大半は男性だと勝手に思っている。

私を男性目線、ツレの立場から見ると、自分で言うのもアレだが(笑)、面白くてイイ奴なのである。しかし、女性目線、とくに女房からすれば、真逆。家のことは何もやらないわ、勝手に写真を撮ってSNSにアップするわ、ワガママは言いまくるわ、マクラはクサイわで挙げたらキリがない。ついでに言うと、稼ぎも少ない。

夫として自信がまったくない私が女性の読者様からお褒めの言葉をいただいたら困惑するに決まってるじゃないかぁ(笑)。そんな私に愛想を尽かさず、四半世紀も一緒にいる女房はいったい、何なのか(笑)。ドMのボランティア、いや、のび太としずかちゃんの関係と言ってよいだろう(笑)。

感想をくださった読者様は、私のことを誤解しておられる。きっと、ピュアな方なのだろう。どうも、私が自信を持って仕事に取り組んでいると錯覚しておられるようなのだ。頼むから、美化しないでくれぇ(笑)。

実際はまったく逆なのである。自信がないから、毎日こうやってブログを書いているのだ。しかも、文章はちーっとも上達しない。書けば書くほどコンプレックスが大きくなる始末。いっそのことやめてしまえばラクになるのかもしれない。そう思ったことは一度や二度ではない。ほぼ毎日。生粋の怠け者なのである。

では、なぜ毎日書き続けるのか。今現在のオノレの心を整理するのと、私が亡くなった後、女房や子供、友人たちがこのブログを見て、「ナガヤはこんなこと考えていたんだ」と偲んでいただくためだ。

それともう一つ。もっと、もっと、オノレの人生を変えたいのだ。50歳を迎えた今、それが困難であることくらい承知の上だ。でも、変わる可能性はゼロじゃない。だとしたら、黙って指をくわえているだけではチャンスは訪れない。毎日くだらないことでもよいから、ヘタクソでもよいから、オノレの存在を伝える必要があると思っている。だから、書く。書き続ける。

ひな壇の後ろの方にいて、スタジオ内で何かあるたびに大げさにリアクションする、いわゆる“ガヤ芸人”と同じだ。しかも、若手ではない。50歳のおっさん。往生際が悪いと私自身が思うのだから、見ている方はもっと呆れていることだろう。そんなの、カッコイイわけがない。

凹まず、愚痴らず、オノレの運命を受け容れて、黙々と仕事をこなす方がどれだけカッコイイか。でも、こんな泥臭い生き方しかできない。そりゃ読者様は野郎、いや、男性ばかりだわな(笑)。そりゃモテないわー(笑)。