永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

お袋の味。

f:id:nagoya-meshi:20191002220909j:plain

母が亡くなってから7年半。

最近、母が作ってくれた料理をよく想い出す。

 

今思えば、母は料理が得意だったと思う。

手作りのエビフライやハンバーグ、旨かったなぁ。

店で食べるよりも旨かった。

 

今でこそ私は食べ物の好き嫌いはほとんどないが、

幼い頃はかなりの偏食だった。

心配した母は、あの手この手で食べさせようとした。

それもあって料理が上達したのかもしれない。

 

母の料理を最後に食べたのは、いつだろう。

晩年は寝たきりになり、入退院も繰り返していたから、

家事はすべて女房に任せていた。

次男が生まれて私たち家族と別居するまでは

まだ台所に立っていたと思う。

と、いうことは2002年頃、か。

 

17年間も食べていないのに、

その間、もっと旨いものを食べているはずなのに、

母が作ってくれた料理を今でも想い出す。

やはり母の料理というのは、

子供にとって特別なものなのだろう。

 

子供の頃に好きだった

エビフライやハンバーグよりも、

実は嫌いだった料理を想い出す。

 

例えば、煮詰まった味噌汁。

両親は生まれも育ちも名古屋なので、

味噌汁は赤だしだった。

朝に昼と夜の分も作り、その都度温める。

具材にナスや里芋を入れると、

溶けてドロドロになった。

それが私は嫌いだった。

でも今、無性に食いたい。

 

あと、天ぷらを揚げた翌日に作る天丼。

冷蔵庫に入れていた残り物の天ぷらを

やや辛口の天つゆでネギとともに煮込むのだ。

つゆが染みた衣はフニャフニャ。

それが私は嫌いだった。

でも今、無性に食いたい。

 

女房に頼んで作ってもらうこともできるし、

自分で作ろうと思えば、作れる。

でも、やはり、母が作ったものを食べたい。