永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

クリスマス。

f:id:nagoya-meshi:20191224184238j:plain

クリスマスである。バブル真っ盛りの頃は、クリスマスイブには赤坂プリンスホテル、通称“赤プリ”で泊まるのがステイタスとされていた。名古屋の場合は、ヒルトンか名古屋観光あたりだったと思う。ちなみに当時はマリオットはまだ開業していなかった。↑写真は赤プリ跡に建つ『赤坂プリンス クラシックハウス』。

今思うと、本当にくだらない。クリスマスの過ごし方をメディアが煽りまくり、人々は思いきりそこに乗っかっていたわけである。クリスマスに限らず、ファッションも、カルチャーも、ライフスタイルも。当時のメディアはかなり影響力があったと思う。ただ、クリスマスに関しては……セックスがしてぇだけじゃねぇかって(笑)。

バブル全盛期の頃、私は高校生か専門学校生。ゆえに、彼女がいたとしても栄あたりに出かけて食事するくらい。でも、それがメチャクチャ羨ましかった。高校時代、女子の友達は沢山いた。でも、それ止まり。いちばん彼女がほしい時期の高校2年生のときはロンリークリスマス。クリスマスイブの夜、同じく彼女がいなかった友人のA藤の家でヤケ酒をあおることにした。

メロンフィズと三ツ矢サイダー、つまみにカラムーチョを持って訪ねると、A藤は下町のナポレオン、いいちこを用意していた。今頃、クラスのアイツとアイツは……なんて考えただけで腹が立った。なぜ、オレには彼女がいなくて、クリスマスイブにA藤なんかと酒を飲んでいるんだ、と。楽しくも何ともないので酒がすすみまくる(笑)。

チキショーとか言いながら飲んでいると、A藤の親父さんがウイスキーのボトルを片手にやってきた。

「お前ら、これも飲め」と、親父さん。今では問題になるかもしれないが、当時はこんなにもユルかったのである。メロンフィズにいいちこ、ウイスキーと飲みまくり、その後は……覚えていない(笑)。ただ、翌年からは私にも彼女ができた。以来、ロンリークリスマスはない。

結婚して子どもが生まれると、クリスマスは子どものためのものとなる。チキンやケーキを食べて過ごす。イブの夜には枕元にプレゼントを置く。翌朝、それを見つけた子供たちの嬉しそうな顔を私は一生忘れない。

さて、月日は流れて、現在、長男は22歳で次男は18歳。そりゃもうクリスマスは家族と過ごすことはない。2人とも彼女とデートだそうですよ、ええ。女房と2人でチキンやケーキを食ったって面白くも何ともない。というか、2人きりで過ごしたクリスマスが昔すぎてどうすればよいのかわからない(笑)。女房もフルタイムで働いているし。

f:id:nagoya-meshi:20191224222734p:image

f:id:nagoya-meshi:20191224222745j:image

ってことで食事には行った。ただし、フレンチやイタリアンなんて洒落た店ではない。行きつけのあんかけスパの店である(笑)。よーく見ると、あんかけスパがクリスマスカラーに見え……ないか(笑)。何なんだ、このスペシャル感のなさは(笑)。まぁ、こんなクリスマスがあってもいいではないか。