永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

知名度。

f:id:nagoya-meshi:20200224215801j:image

もっと、

自分に知名度があればーーー。

心の底から、そう思う。

 

「撮らせてください」と、

こちらからお願いするではなく、

「撮ってください」と、

お願いされたい。

 

知名度を上げるために

SNSで発信したり、

HPを作ったりするのは、

所詮は小手先のこと。

 

それよりも、

目の前にある仕事を着実にこなし、

目の前にある被写体に

きちんと向かい合って撮る。

 

自分の撮った写真を

雑誌やWebなどの仕事を通じて

一人でも多くの人に

見ていただくのだ。

 

それしかない。

 

人が働いているときに

働くのは当たり前。

人が遊んでいるときこそ、

思いっきり働く。

 

すべては、

知名度を上げるため。

 

全然、辛くない。

むしろ、楽しい。

 

身体は疲れていても、

心は、魂は喜んでいる。

こんな幸せなことはない。

 

必ず誰かが見てくれる。

必ず報われる。

 

そう信じて、

今日も私は現場へ向かう。