永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

自由。

f:id:nagoya-meshi:20200710013911j:image

昨夜は、K割さんと呑み。

「オレって自由じゃないかもしれない」と、K割さん。そう感じたことがあったらしい。そもそも、いったい、自由って何だ?思わず、考えてしまった。

自由だからといって何をしてもいいというわけではない。例えば、あちこちでオンナを作って、障害者用トイレでコトを済ませたり……。って、誰だよ(笑)。

そりゃ非難されて当然だ。でも、結果的に彼はとても不自由になってしまった。じゃ、女房や世間にバレなきゃいいのか?自由でいられるのか?私はそうは思わない。隠し事があるという段階ですでに不自由ではないか。

これはK割さんにも話したことだが、サラリーマンの場合、出世すれば給料も上がるし、部下もできる。つまり、出世は自由になるためなのではないか、と。

「いや、ナガヤさん、出世していなくても自由に生きてるなぁって感じる人もいるんですよ」と、K割さん。うん、たしかにそういう人もいる。と、いうことは、自由に生きることができるというのは、生まれ持った才能みたいなものなのだろうか。

私の友人や、このブログの読者様からすれば、私、ナガヤは「自由な人」に見えるだろう。そりゃ自由を求めて会社を辞めてフリーになったわけだし、基本、好きなことしかしないから、そう見えてもおかしくはない。

しかし、当の本人は、人が思っているほど自由に生きてはいない。原稿の〆切もあるし(笑)。呑んで帰ってきてもブログを更新しなきゃいけないし(笑)。ちっとも自由じゃない。極めつけは、お金がない(笑)。まぁ、カネで自由が変えるとは思ってないけどね。

自由とは、身体も心もなーんにも縛られていない、囚われていない状態ではないだろうか。って、そんな境地に辿り着くことなんて、どう考えてもムリだ。「オレは自由に生きるぞ!」と思った時点で、自由に生きることに縛られてるのだから。わかるかなぁ。

使い古されたフレーズになるが、「自分らしく生きる」というのもいかがなものかと思う。もう、肩肘張っている時点で自分らしくもないし、全然自由じゃない。だから、私の中では自由に生きるということは、かなり難しいという結論に至っている。まぁ、それでも自由を求めてしまうんだけどね。

いったい、自由って何だ?

 

※写真はK割さんではありません(笑)。二軒目に行った名古屋・栄3丁目『ニューロマンポ』のマスター、所さん。