永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

2020-03-02から1日間の記事一覧

今。

私がフリーとなった'95年、出版業界ではバブルのピークを迎えていた。26歳の駆け出しの私が何とか食べていけたのもそんな背景もあったからだと思う。 当時愛読していた『宝島』と『SPA!』、『週刊プレイボーイ』の仕事がしたいと思っていた。実際に編集部を…