永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

空を見上げて。

f:id:nagoya-meshi:20190216165859j:plain

空を指さして

「あの雲、ゾウさんみたい!」

と、はしゃいでいたあの頃。

大人になるにつれて、空を見なくなった。

それどころか、下ばっかり見てる。

前後左右を「壁」に阻まれて、行き詰まったとき、

ふと、空を見上げてみた。

輝く太陽が、蒼い空が、白い雲が

ニッコリと微笑んで僕を祝福していた。

それで僕は気付いたんだ。

「壁」を作っていたのは、自分自身だった、って。