永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

ファイティングポーズ。

f:id:nagoya-meshi:20190522013514j:plain

いかん。

忙しくなると、つい「こなすこと」を第一としてしまう。

心に余裕がなくなり、楽することを考えてしまう。

取材相手や被写体にきちんと向かい合うのではなかったのか。

50代の、これからの人生を「本気で生きる」のではなかったのか。

そして、オノレの、クソみてぇな人生を変えるのではなかったのか。

きっと、「このままでも別にいいじゃん」と、

今のオノレにどこか満足している自分がいるのだろう。

「お前はこうあるべきだ!」との内なる自分の声に耳を傾ける。

それをクリアしたとき、許されるのは、

心の中で小さくガッツポーズをとることだけ。

その直後にファイティングポーズ。

クリアできなくてもファイティングポーズ。

現状に満足なんてするもんか。

 

www.youtube.com 

ファイティングポーズ

作詞・作曲 長渕剛

 

年をひとつずつ とっていく毎に
とても淋しがり屋になってきた
俺の部屋には ひとりの自由さと
ぬぎちらかしたスニーカーが転がってる
ピアノといすとギターと譜面とタバコで
昨日までのいきがってた人生を唄ってみたって
淋しさは容赦なく夜のまっただ中を 突きぬけて行く

背中を焦がすほどのいかした 俺のファイティングポーズ
一発で たたきのめすほどの 俺のファイティングポーズ
だけど鏡をのぞきこんだら 倒れそうな自分がいたよ
今夜はなぜか Lonely Night
だから今夜はなぜかLonely Night
だから今夜はもっと Lonely Night
だから今夜はもっと Lonely Night

足を踏んばり 勝ち進もうとしても
傷ついたり傷つけたり してきたよ
愛する物をみつける そのたび毎に
ふみにじられて泣いた夜もあった
くやしいほどの あいつの情熱を
これ以上ねたむのはやめよう
生まれてきたことを呪うのもやめよう
だって俺は俺なりに生きて行くんだし

背中を焦がすほどのいかした 俺のファイティングポーズ
一発で たたきのめすほどの 俺のファイティングポーズ
だけど鏡をのぞきこんだら 倒れそうな自分がいたよ
今夜はなぜか Lonely Night
だから今夜はなぜかLonely Night
だから今夜はもっと Lonely Night
だから今夜はもっと Lonely Night

Oh Oh Oh Oh……