永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

仕事しまくり。

f:id:nagoya-meshi:20191016233930j:plain

なんか、仕事ばっかりしてるな、オレ。

平日は取材や広告撮影が入っていて、それがだいたい15時スタート。だから、朝から昼過ぎまで原稿を書こうと思えば書ける。

でも、メールの返信やネタ探しをしているうちにあっという間に昼になる。昼食を済ませたら、すぐに取材や撮影の準備をせねばならない。

取材や撮影から帰って来てからとなると、撮影した写真の処理をせねばならない。ブログも書かねばならない。

やはり、落ち着いて原稿が書けるのは、メールも電話も来ない土・日しかない。と、なると休みがない。

ところが、「休みたい」と思うと、風邪を引いたり、尿路結石になったりと体調を崩してしまうことが多々あるから始末が悪い。

そもそも休みなく働くことをオレは望んでいたのではないのか。ここで怠け心を出してしまっては、今まで何のために仕事をしてきたのかということになる。ここが踏ん張りどきなのだ。

これでもか!っていうくらい人と会いまくって、写真を撮りまくって、原稿を書きまくったとき、オレの中で何かが変わるような気がする。

人生を変えようと思ったら、今までやらなかったことや、やろうとしなかったこと、できなかったことをやるのだ。それ以外に方法はない。自分の力を限定せず、とことんやってやろうじゃねぇか。

 

※写真は、昨日撮影した忘新年会用のコース料理。もう、そんなシーズンなのだ。このような写真撮影のお仕事、承ります。