永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

クズの愚行。

f:id:nagoya-meshi:20191216225221j:plain

ライターでもある私は、

文字を書くことで自分の気持ちを整理する。

その役割を果たしているのが、このブログだ。

 

日が経ってから読み返すと、

赤面するほど恥ずかしくなることが多々ある。

だからといって、

その記事を削除したりはしない。

 

人生の汚点となろうが、

黒歴史となろうが、削除はしない。

それが、ありのままの自分だからだ。

 

よかったことよりも、

むしろ、失敗したことの方が、

読み返したときに

今の自分に対する戒めとなる。

 

過去における悩みや苦しみを綴ったブログの記事は、

オノレの財産である。

 

ところが、この国の指導者は違うようだ。

 

都合の悪い文書は「存在しない」と嘘をつき、

シュレッダーにかける。

データを消去する。

 

さらには、

閣議決定までしてオノレの愚行を正当化する。

 

失敗を振り返ろうにも、

存在しないことになっているのだから、

振り返ることもできない。

 

まったく、

どこまでクズなんだ。

 

そのクズが、

憲法を変えるという。

ここまでくると、

世迷い言だ。

 

そんなもん、

テメェにとって都合のよい

内容になるに決まってるじゃないか。

もともと、国民の方なんて

これっぽっちも見てないんだから。

 

クズを選んだのも、私たちの責任。

その失敗を繰り返さなければよい。