永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

恐怖の正体。

f:id:nagoya-meshi:20200128234237j:plain

50歳になる3ヶ月前にブログを再開した。

当時の心境を書き残したいというよりは、

書かずにはいられなかった。

 

恐れていたのである。

老いていくことを。

もう、若くないということを。

 

あっという間に1年が過ぎた。

 

もうすぐ、私は51歳になる。

 

「50代からが楽しいんだよ」

と言ってくれる先輩もいる。

 

申し訳ないが、

今の自分には

とてもそのようには考えられない。

 

30代や40代の頃に戻りたいのではない。

第一、戻れるわけがない。

 

写真家として、

文筆家として、

何一つ結果を残していないという焦り。

それが老いに対する恐怖の正体である。

 

1年間ブログを続けてみて、

その恐怖から救われたのか。

 

否、否。

 

でも、撮るしかない。

書くしかない。

 

自分には、

それでしか生きている実感を

味わえないのだから。

 

そんなわけで、

ブログを再開します。

 

↑写真は、昨日撮影した名古屋駅構内の某店のメニュー。近日、フロアガイドの看板に使われるらしい。名古屋駅に行かれたら要チェック。