永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

喜び。

f:id:nagoya-meshi:20200209132803j:plain

昨日のブログで、

「 人は喜ぶことを糧に生きているのだ」

と書いた。

 

では、「喜び」とは何か。

 

例えば、新しい服やバッグを買う。

それも喜びには違いない。

 

例えば、好きな人と一緒に過ごす。

それもまた、喜びであろう。

 

しかし、同じ喜びでも、

それらに勝る喜びもある。

 

人が喜んでくれたときの喜びだ。

 

私が撮った写真で人が喜んでくださる。

私が書いた文章で人が喜んでくださる。

私が喋った話で人が喜んでくれる。

 

だから、私は仕事をしている。

 

利益は、お金は、

どれだけの人を喜ばせたのかの目安。

 

…………。

まだまだ、

喜んでいる人が少ないんだな、私は(笑)。

 

自分は誰も喜ばせていない。

そう考える人もいるかもしれない。

 

それは絶対にあり得ない。

 

あなたがいるだけで、

あなたが存在するだけで、

喜んでいる人が必ずいる。

 

もしも、

喜ばせる相手がいなかったら、

病気や貧困、災害、戦争などの

過酷な状況の中で

生きている人たちに思いを寄せる。

 

以前、ブログにも書いた

同慈同悲(どうじどうひ)」の心だ。

 

新型コロナウィルスの対策が

後手後手となっている政府を

批判したい気持ちも解る。

 

でも、私は

感染によって亡くなった人と家族、

懸命にウィルスと闘っている人に

思いを寄せる人でありたい。

 

相手に伝わるかどうかは関係ない。

 

その思いが、

ステキな世の中を作り、

結果的に多くの人を

喜ばせることができるのだから。