永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

当事者。

f:id:nagoya-meshi:20200501001013j:image

ふと、思い出した。


高校の教室にある机が、

どれも落書きだらけだったことを。

 

きっと、授業が退屈すぎたのだろう。

私も落書きをしていたかもしれない。

いや、していたな。

 

誰かの落書きで

1つだけ強烈に覚えているものがある。

 

シャーペンの先で彫られた

「なんか面白いことないかしゃん」

という文字。

 

「ないかしゃん」とは名古屋弁。

だから、標準語に訳すと

「何か面白いことないかなー」という意味だ。

 

時間だけはある退屈な日常を過ごす、

何とも高校生らしい呟きと思えないことはない。

 

でも、面白いことは、

そんなやたらめったら起こるものでもない。

 

起こったとしても、

待ちの、受け身の姿勢では、傍観者と同じ。

そんなの、テレビを見てるのと変わらない。

 

いちばん面白いのは、当事者になることだ。

 

例えば、お笑い。

漫才や落語を聞くのは楽しい。

でも、人を笑わせる芸人の方が

もっと楽しい、というか

もっと大きな喜びを得ている。

 

www.youtube.com

 

↑この動画も視聴者より、

演者の方が絶対に感動している。

 

雑誌やネットメディアの記事も同じ。

読みながら腹を抱えて大笑いすることがある。

 

でも、読者よりも

記事を書いたライターの方が

現場で大笑いしている。

それは絶対に間違いない。

私がそうだから。

 

傍観者よりも当事者の方が絶対に楽しい。

 

だから、この仕事はやめられない。