永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

私は「面白い」人間なのか。

f:id:nagoya-meshi:20200918003024j:plain

自分が思う自分と。他人様から見た自分は違う。そりゃ当たり前だ。しかし、それがあまりにも乖離していると認めたくなくなる。頑なに。

例えば、このブログ。

「ナガヤさんのブログ、面白いですね」と、よく言われる。褒めてくださっているのだろうが、正直、複雑な気分になる。もちろん、その日の出来事や心に浮かんだことを面白おかしく書くこともある。が、笑わせようと思って書いているわけではない。

このブログは、おっさんの苦悩や悲しみ、歓喜などを凝縮させた、生きざまの記録そのものなのである。ちょっと、いや、かなりカッコつけすぎたな(笑)。

そもそも、私は「面白い」人間なのか。女房に、なぜ私と付き合おうと思ったのか聞いたことがる。あ、結婚を決めた理由ではないですからね。結婚する前の話ですよ。念のため。何て言ったと思います?

「面白いから」

………………。いやいや、ウソでもいいから、そこは「優しいから」とか言ってくれ。もう一度言う。私は「面白い」人間なのか。

他人様から見た自分。この「他人様」が誰かによって説得力がある場合もある、少し前にテレビ愛知『サンデージャーナル』で単独ロケに挑んだときのこと。

nagoya-meshi.hateblo.jp

「オレもO竹さんみたいに、名古屋めしについてアカデミックに語りたいッス」と、担当Dに直訴したところ、

「いやいや、ナガヤさんが画面に映っているだけで面白いですから(笑)」と、言われた。しかも、笑いながら(笑)。しかも、担当Dとは旧知の仲ではない。ロケ当日が初対面である。

テレビ制作会社のディレクターは、雑誌の編集部員と同様に、人と会うのが仕事だと思うし、これまで制作した番組の中でいろんな人を見てきていると思う。それだけに彼の言葉には妙に説得力があった。認めざるを得ないじゃないかぁ(笑)。

考えてみれば、「面白い」というのは武器になる。何かを伝ようとするとき、マジメに語っても伝わらないこともあるし、何よりも私が伝えたいのは、名古屋めしに限らず、食の楽しさや喜びだったり、メイクをして写真を撮ってもらう楽しさや喜びだったり。

あ、メイク&フォトの相棒、山村えり子さんが講師を務めるメイク講座を受講された方の感想でいちばん多いのが「面白かったです」らしい(笑)。彼女もまた自分の面白さに気がついていないようだ(笑)。

バラしてしまったお詫びに、ここで告知を。私の友人、遠藤由香里さんが営む喫茶店『カフェ メールネージュ』で山村えり子さんのメイク講座が開催される。

f:id:nagoya-meshi:20200918002141j:plain

日時/令和2年9月25日(金)

第1部:10時~12時(受講後にランチ)

第2部:13時半~15時半(ランチ後に受講)

※第1部、2部ともに各4名様限定です

※コロナ感染防止対策をした上で実施します

会場/『カフェ メールネージュ』2F
一宮市木曽川町外割田4の通り106-1
料金/特別ランチ付きで5,500円(税込)

 

山村えり子さんが提唱する「マイナス7歳若見えメイク」に興味がある方は是非!

 

 

※写真は、大阪・上本町にあるスパイスカレー『コロンビア8』の「キーマカレー」。昨日から大阪、和歌山へ2白3日間の出張なのです。