永谷正樹、という仕事。

フードライター、カメラマンの日常を書き綴ります。

味噌がクセモノ?

f:id:nagoya-meshi:20201012232433j:plain

「名古屋めし」と呼ばれる名古屋の食べ物は、だいたい味が濃い。ゆえに、県外の人から「どの店で食べても味が同じ」と、言われることがたびたびある。

地元で暮らしている者としては「違うわーい!」と、全力で反論したい。しかし、味が濃いゆえにどの店で食べても不味くはない。実際、味噌煮込みうどんにしろ、味噌かつにしろ、あんかけスパにしろ、不味くて食べられなかったという大ハズレの店はあまり聞いたことがない。

例えば、味噌かつ。とんかつに「つけてみそかけてみそ」をかけただけでも味噌かつになる。そんなモノを出された日にゃぁ、地元の人からすれば「ナメとんのか!」ってことになるが、食べられないことはない。県外の味噌かつを食べ慣れていない人がそれを食べたら、「こんなものか」と思うだろう。全然違うけど。

f:id:nagoya-meshi:20201012234728j:plain

トップの写真と↑上記の写真はいずれも『山本屋大久手店』で撮ったものである。このおでんにかかっている味噌だれと前述の「つけてみそかけてみそ」はまったくの別物だが、県外の人はその違いがわからないかもしれない。

つまり、味噌がクセモノなのである。よほどの味噌嫌いでなければ、美味しいと感じてしまう。ハズレがない中から美味しい店を見極めるのはかなり難しい。それこそ、名古屋に住まなければわからないと思う。だから、ミシュランが味噌煮込みうどんや味噌かつの店を評価するのも本当に大変だったと思う。

名古屋の人は、だいたいお気に入りの味噌煮込みうどんや味噌かつ、ひつまぶしの店の1つや2つはキープしている。キープしていない人は、県外の人を『Y本屋総本家』や『Y本屋本店」、『YBとん』、『AたH来軒』へ連れて行ってドヤ顔をする(笑)。

県外の皆様、名古屋の友人や知り合いにこれらの店を案内されたら、「あっ、知らないんだ」と思って許してやってください。いや、その店の大ファンもいるだろうから、一概に「知らない」とは言えないな。失礼いたしました。

ガイドブックを開くと必ず載っている店が不味いとは言わない。一定のレベルはクリアしているのは間違いない。それよりも美味しい店が名古屋には沢山あるということを言いたかったのだ。

ちなみに私は味噌煮込みうどんなら、『山本屋大久手店』がお気に入り。県外の方は『山本屋』がありすぎて、どの店が美味しいのかわからないという方もいるだろう。『大久手店』の最大の特徴は、すべて手作りであるということ。

あっ、「他の『山本屋』は手作りではないのか?」というツッコミはなしの方向で。察してくれ。とにかく『大久手店』は、麺そのものの味や奥行きのあるだし、そしてコクのある味噌。すべてが調和しているのである。

f:id:nagoya-meshi:20201013001930j:plain

で、味噌煮込みうどんを食べたときのお楽しみがこれ。玉子を最後まで潰さずにキープして、注文したご飯の上にのせて、その上からつゆをかける。これがもう、最高に旨い。あー、そんなことを書いていたら、また食べたくなった(笑)。

そんな『山本屋大久手店』で、11月12日(木)に『メイク&フォト』イベントを開催する。詳細は以下の通り。

f:id:nagoya-meshi:20201013002655j:plain

『メイク&フォト』in 山本屋大久手店

日時/令和2年11月12日(木)14:00〜20:00

※完全予約制です。女性限定先着10名様!

※『山本屋 大久手店』店頭または、メールにてご予約を承ります

※所要時間は、お一人様につき30分程度です

※普段通りのメイクでお越しください

※新型コロナ感染防止対策を万全にして実施します

会場/『山本屋 大久手店』個室

料金/お茶とお菓子付き・13,000円(税込)

※50カット以上撮影し、全データをお渡しします

 

是非、『メイク&フォト』で心を満たし、自慢の味噌煮込みうどんでお腹と心を満たしてください!皆様のご参加をお待ちしています♡