永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

どうでもイイ話。

f:id:nagoya-meshi:20210216205437j:plain

たまには、どうでもイイ話を。

年を重ねるとともに、めっきりカップラーメンを食べなくなった。カップ麺は、ペヤングソースやきそばと、どん兵衛くらい。

若い頃は、定番のカップヌードルやエースコックのスーパーカップ、日清焼そばU.F.O.が大好きだったのに、今は食べる気も起こらない。

原因は、加齢による(笑)胃もたれである。カップラーメンを食べた後に決まって胃もたれしてしまうのだ。だから、どうしても手がのびない。

袋入りの即席麺もよく食べた。サッポロ一番の塩ラーメンや出前一丁が好きだった。とくに塩ラーメンは、溶き卵を入れて玉子とじラーメンにして食べたりした。が、やはり、今はあまり食べなくなった。

袋入り即席麺で唯一、胃もたれせずに食べられるのは、明星チャルメラの醤油味だけ。女房によると、近所のスーパーではあまり置いてないようで、ドラッグストアなどで見かけたときに買ってくるという。

仕事場で仕事をしていて、外へ出たくないときは、明星チャルメラの醤油味がストックしていればたまに食べる。

具材を何ものせないのは寂しいので、この日はセブンの切り落としチャーシューをトッピングしてみた。それだけで豪華になる。

モヤシやメンマなどをのせれば、よりゴージャスになるだろうが、即席麺にそこまでやるくらいなら食べに行った方がむしろ安くつくかもしれない。

だから、即席麺はこれくらいがちょうどよいのである。

以上、どうでもイイ話でした。