永谷正樹、という仕事。

フードライター、カメラマンの日常を書き綴ります。

饗庵 大乃。

f:id:nagoya-meshi:20211128225513j:plain

三菱UFJニコスカードの会員情報誌『PARTNER』にて、名古屋・代官町の『饗庵 大乃』を紹介させていただきました。

ここのコースは、ひと口サイズの料理が全20品。どれもご主人が厳選した旬の食材を使っていて、1つの料理として完成している。完食すると、もう一口食べたくなる。実はそれが狙いだったりする。

満足する前に次の料理が出てくる。しかも、まるで音楽のように味の濃淡や温度の冷淡で抑揚をつけて。どんどん味の記憶が上書きされて、全20品を食べ終わる頃にはお腹も心も満たされるというわけだ。

コースの代金は、12000円と16000円(税別)と、決して安くはない。しかし、巷の割烹料理店の倍以上の品数が出てくるわけで、単純に食材の品数や仕込みにかける時間も倍以上。代金はむしろ安いくらいかもしれない。

取材したのは、まだ新型コロナの緊急事態宣言中だった8月末。当時は夜8時までの時短営業。しかもアルコールの提供はナシ。キャンセルも相次いでいたという。

しかし、今のところコロナも落ち着いているので、ここに来るのを楽しみにしていた客が沢山訪れていることだろう。

私も行きたい。行きたすぎる。何とか年内に時間を作って行きたい。どなたかご一緒しませんか?

取材では写真を沢山撮った。誌面では使われなかった写真をここに公開しようと思う。

f:id:nagoya-meshi:20211128235210j:plain

f:id:nagoya-meshi:20211128235221j:plain

f:id:nagoya-meshi:20211128235231j:plain

f:id:nagoya-meshi:20211128235240j:plain

f:id:nagoya-meshi:20211128235407j:plain

大野さん、千悦さん、ありがとうございました!