永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

楽しいコピーライティング。

f:id:nagoya-meshi:20201125235757j:image

私はライターであって、コピーライターではない。いずれも文章を書く仕事ではあるものの、中身は大きく異なる。

私の場合、お店や人を取材をして、雑誌やWebなどのメディアに文章を載せる。文章は読者様のものであり、私も読者目線で文章を書く。そして、メディアから報酬を受け取る。

一方、コピーライターの場合、文章は取材したお店や人のためのものである。お店に来るお客さんのやお店の商品のユーザーの目線に立って文章を考えるが、目的はあくまでもお店が繁盛することや、商品が売れること。

ゆえに、お客さん目線よりもお店、すなわちクライアントの考え方が優先させる。報酬は、取材先または、間に入っている広告代理店からいただく。

コピーライターよりも、ライターの方が主観を入れることができる。昔はできるだけ公平中立な立ち位置で書苦ことを心がけていた。が、いつの間にか私は記事の中にどんどん主観を入れるようになっていた。

あまり自己主張すると、読者様からクレームが来るのではないかと頭を過ぎることもある。幸いにも今のところ何もない。担当編集からも何も言われない。記事に主観を入れたら自由になったのだ。それが文章を書くことが苦にならなくなった原因かもしれない。

ライターと比べて、コピーライターは不自由だと思っていた。なぜなら、クライアントの意見が第一だからである。白いものでもクライアントが黒と言えば、黒になってしまう。それが広告の世界なのだ。私はそれが嫌で23歳の時に見切りをつけた。

ところが、である。昨年あたりからライターであるはずの私にコピーライティングの仕事のオファーが来るようになった。

その一つが愛知県幸田町の幸田町消防本部で働く署員が自らレシピを考案した「消防カレー」である。

lifemagazine.yahoo.co.jp

消防署員は食事中でも出動することがあり、火災や救急の現場から戻ってきてから食べかけの料理を食べると聞いて、私は「火事場のチカラメシ。」というコピーを考案した。自分で言うのもアレだが、なかなか秀逸だと思っている。

昨日は、安城市にある某店の新メニューのキャッチコピーのプレゼンテーションを行った。その新メニューをPRするポイントを明確にした上で、A案〜D案を提案したところ、私イチ推しのA案に決まった。私は心の中でガッツポーズをした。

コピーを生み出す原動力は、やはり取材である。その際にいかにクライアントとの関係を構築するかが鍵となる。広告制作会社で働いていたのは、20歳〜23歳。世間知らずの若者ゆえに、プレゼンし他ところでどうしても説得力に欠ける。それが私に「クライアントは常に上から目線」という印象を与えたのかもしれない。

コピーライティングもまた楽しい。広告の世界に見切りをつけてから30年経って気がついた。

プロデューサー、求ム。

f:id:nagoya-meshi:20201125010006j:image

昨日は、午前中に原稿を1本仕上げた後、昼過ぎから取材・撮影。夜は体験もの、あ、これはあるお店に客として行って、食事をするだけなんですけどね。お店へ取材の了解をもらおうと思って連絡したら、店をプロデュースした方が立ち会うことになり、話をしながら食事をした。

今回でお目にかかるのは2回目。詳しくは書けないが、かつてはまったく別ジャンルの料理人をしていたそうで、一念発起して現在の業態を立ち上げたという。

しかも、料理人になる前は理容店、いわゆる床屋さんだったというからさらに驚いた。

「ある程度キャリアを積むと、仕事を覚えさせるため、後輩に任せるわけですよ。それが嫌というか、できなくて。お客さんの手前、もっとこうしろとか言えないですしね。料理人となった今も、味やオペレーションの指導はできても、経営や店舗運営のことは苦手で」とか。

スポーツの世界に「名選手、名監督にあらず」という言葉がある。料理の世界も同じで、食通を唸らせる料理を作ることができるのに、経営者としてはダメダメな人はいる。彼が経営者としてどうなのかはわからないが、生粋の職人なのだろう。

実際、現在のお店もフランチャイズ展開や店舗開発をメインとするパートナー企業とコラボして立ち上げている。優秀なプロデューサーが彼の才能を開花させたのかもしれない。

私も自分一人で写真を撮ったり、文章を書いたりすることはできるが、従業員を雇って自分の片腕にするなんてことは絶対にできない。相手のキャリアに関係なく、自分と同じレベルのことを求めてしまうからだ。

そんなの無理に決まっていると頭でわかっていても。まぁ、それ以前に従業員を雇う余裕がないというのがいちばんの理由だが(笑)。

仕事として取り組んでいる以上、利益を生み出さないと趣味の世界になってしまう。それは十分にわかっている。でも、いつも考えているのは、もっと写真が、文章が上手くなりたいということ。こればかりは仕方がない。

昨日、取材の合間にライター仲間のみゆきちゃんと久しぶりにお茶をした。その時、

「最近、やっと文章を書くのが苦にならなくなった」と私が言うと、冗談としか思われなかった。いや、マジでライターのくせに文章を書くのが嫌いだったんだってば。

「私はナガヤさん=ライターのイメージの方が強いから」と、みゆきちゃん。さらに、彼女と知り合った頃、ちょうど男性週刊誌で仕事をしていた頃の私のイメージは、

「風俗とか裏の世界に精通していて、関わったら売られる、みたいな」らしい(笑)。もはやライターではなく、裏社会のブローカーやんけ(笑)。イメージ悪っ(笑)。

前出の料理人の彼のように、私も優秀なプロデューサーが欲しい。プロデューサー……。私の場合、それは編集者になるのかな。プロ野球の野村監督のような“再生工場”と異名をとる編集者の方、私をプロデュースしてください。

このままじゃ終わらない。

f:id:nagoya-meshi:20201124013359j:plain

昨日も一日中仕事。午前中に経理の仕事をして、午後からは取材・撮影。帰宅後も領収書をまとめたり、請求書を書いたり。

いかん。最近、バタバタしているせいか、目の前のことを「こなす」ようになっている。その先にあるものや、オノレの究極的な目標をしっかりと見据えて仕事に取り組まねば、40代のときの二の舞になってしまう。

それに、もうすぐ2020年も終わる。来年こそはオノレ自身が、オノレの人生が変わるターニングポイントとなるような1年にしたい。25年間もこの仕事をやってきて、ずっと鳴かず飛ばずではあまりにも情けないではないか。

ただ、どうしたら浮かび上がることができるのか。目の前の仕事を全力で取り組むこと以外にまったく見えていない。いや、それが近道であることはわかっているんだけど。それ以外にやることがあるとしたら、いったい何をすればよいのだろう。

焦ってはいけないことも十分わかっている。でも、来年4月には私も52際になる。時間があるとは言えない。ソコソコの幸せなんて要らないのだ。ソコソコの人生に満足していてはダメなのだ。

まずは、とことん、徹底的に「お前は何者だ?」。「お前はどう生きるのか?」、「お前は何をめざすのか?」等々、自問自答を繰り返そう。自分自身を追い込んで、追い込んで、追い込みまくる。そして、絶対に逃げられない状況を作る。その上で、綿密なプランを立てよう。

幸いなことに、今週末は京都と広島へ2泊3日間の出張が入っている。物事を深く考えるには、旅をするのがいちばんだ。時間を作って、カメラを持って街へ出かけよう。そこから見えてくるものが必ずあるはずだ。

このままじゃ終わらない。絶対に浮かび上がってやる。

買い物。

f:id:nagoya-meshi:20201122225407j:plain

終日原稿書き。以前は気分転換にSNSを見たりしていたが、今はSNSをしていないので(Facebookはアカウントを休止。メッセンジャーのみ稼働。Twitterとインスタは放置)、もっぱらネットで買い物をしている。

先日購入したPanasonicのミラーレス一眼、GX7MK2のレンズが欲しくなり、Amazonやヤフオク、カメラのキタムラのネット中古を徘徊。ここ1週間くらいで広角の単焦点レンズと標準ズームの計2本も買ってしまった。これでは何のために仕事をしているのかわからない(笑)。

前にも書いたと思うが、私には買い物のルールがある。3万円以内であれば、女房に何も言わずに買う。レンズは2本合わせても3万円以内。そこがマイクロフォーサーズのイイところ。中古でもソニーやキヤノンの半額くらいで買えるのだ。あ、マイクロフォーサーズの意味がわからない人はググってくれ。

ネット通販で買ったのはカメラ関係だけではない。先日、長年愛用してきた小銭入れのファスナーが壊れてしまったので、まったく同じものを楽天で購入した。たまたまポイントが貯まっていたので、すべてポイントで買うことができた。

あと、プリンタのインクや名刺を印刷するミシン目が付いた用紙など消耗品の購入もすべてネット。あ、そういえば、今ブログを書いているiMacもヤフオクで買ったし、Macbook Airも楽天のラクマで買ったっけ。結構、ヘビーユーザーなんだな、私は。

実際、実店舗で買い物することが少なくなった。服くらいか。あ、そういえば、スーツもネットで買っていた(笑)。っていうか、私が買うものの大半は仕事関係だな。スーツだって「メイク&フォト」やその打ち合わせの時などに着ているものだし。

わが家は2人も大学生(一人は大学院生)がいるから経済的にキビシくて自分のモノが買えないという事情もある。女房なんか本当に何も買っていない。あと2年経ったら、次男が社会人になるので自分の欲しいモノを思いっきり買おうと思っている。

例えば、車。もう10年以上乗っているし。次はルノー・カングーと決めている。スライドドアだし、機材もたっぷりと積める。って、完全に仕事用やんけ(笑)。

ただ、前に書いたPanasonicのGX7MK2は、仕事には使わない。絶対に使わない。仕事の道具にはしたくないのだ。昨日のブログに載せたような街の写真や日常を撮影する。だからこそ、いろんな引き出し(レンズ)が必要なのだ。と、自分自身に言い聞かせてみる(笑)。

YOKKAICHI MONOCHROME.

午前中に三重県・菰野町で仕事を終えた後、四日市へ移動。昼食を摂ってから、カメラを片手に街をブラブラしながら、気の向くままにシャッターを切った。

目の前にある景色をモノクロ&スクエアで切り取っていく。この作業がめちゃくちゃ楽しい。四日市はとてもフォトジェニックな街だった。

f:id:nagoya-meshi:20201121212710j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212735j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212755j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212811j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212832j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212846j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212901j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212916j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212935j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121212950j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121213005j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121213022j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121213037j:plain

f:id:nagoya-meshi:20201121213053j:plain

告知2件。

f:id:nagoya-meshi:20201120195538j:plain

まずは、告知から。

昨日11月20日(金)、『Yahoo!ライフマガジン』にて愛知県春日井市『カルビ炒飯と唐揚げ 高木商店』を紹介させていただきました。取材にご協力いただきました統括マネージャーの高木慎二さん、ありがとうございました。

lifemagazine.yahoo.co.jp

うん、炒飯ブームは間違いなくキテるよね。『Yahoo!ライフマガジン』と『東洋経済オンライン』で紹介した一宮市『チャーハン専門店 金龍』も絶好調だと聞くし。

lifemagazine.yahoo.co.jp

toyokeizai.net

飲食店の存在意義の一つに、「家では食べられないものが食べられる」ことが挙げられる。しかし、炒飯はちょっと料理ができる人であれば誰でも作ることができる。料理が上手い人なら、そこらの中華屋よりも旨い炒飯ができる。

では、なぜ炒飯専門店なのか。炒飯を食べ歩いている方はわかると思う。あまりにも美味しい店が少ないからだ。注文するたびに味が濃すぎたり、薄すぎたりする店や油が多すぎてギトギトの炒飯を出す店もある。

そこで、『金龍』も『高木商店』も本当に美味しい炒飯、家で作るよりも数倍旨い炒飯を店で出せば売れると考えたのだ。ただ、この両店は考え方がまったく違う。それは調理法に表れていて、『金龍』は人が中華鍋を振り、『高木商店』は自動調理器、通称“ロボシェフ”が振る。

どちらが正解という話ではない。それは客が決めればよいのだ。いずれにしても、炒飯がブームとなれば、これまで適当に作っていた店も考え方を改めざるを得ない。結果として、炒飯を出す町中華がもっと元気になればよいのだ。

おっと、告知をもう一つ。

f:id:nagoya-meshi:20201120204712j:plain

来月12月11日(金)と12日(土)、2日間にわたって、三洋堂書店新開橋店にて「メイク&フォト」イベントを開催する。

前回と同様に、完全予約制で11日(金)が8名様限定。12日(土)が10名様限定。前回と違うのは対象。今回は女性のお客様のほか男性向けメイク&フォトも同時開催で行うことになった。

女性を撮影する場合、私が考案した「ツヤ肌ライティング」で撮影する。これを男性に用いると、正直言ってキツイ(笑)。ゆえに、これまた独自のライティングを用いる。顔や身体に適度な陰影をつけることでカッコ良く見せるライティング、名付けて「ハードボイルド・ライティング」とでもしておこう(笑)。

日夜、家族のために、自分のために戦っている男性諸君よ、少しだけ翼を休めてその勇姿を記録してみてはいかがだろう。奥様や彼女が惚れ直すような、カッコイイ写真を撮るぜ。また、奥様や彼女がいない人には、「これぞ婚活写真の決定版!」ともいうべき一枚を撮影するぜ。

「メイク&フォト」イベントの詳細や申し込みはコチラまで。皆様のご参加をお待ちしています!

さて、昨日は仕事場で原稿を書き上げた後、翌日の現場へ前入り。ホテルの部屋でこのブログを書いている。ホテルには温泉があるので、たまにはゆっくりと身体を休めようと思う。

文化の喪失を阻止したい。

f:id:nagoya-meshi:20201119223656j:plain

ヤバイ。三連休明けから仕事がまったく入っていない。

いや、「まったく」というのは言い過ぎだな。取材や撮影の仕事が入っていないということである。私は自らのことを『取材屋』と名乗っているだけに、カメラを持たないカメラマンと同様に、取材の仕事がない『取材屋』ほど役に立たないものはない。

週末の27日(金)の夜から29日(日)まで京都、広島へ出張が入っている。今のところはそれくらい。

ってことで、どなたかお仕事をください(笑)。食事や呑みのお誘いも大歓迎です。あ、今はコロナの第三波が来ているな。仕事以外の外出は控えよう。

今日、テレビのニュースで大手企業の9割以上が忘年会を自粛すると報じていた。大手企業が忘年会を開かなければ、その下請けや孫請けの会社は開くだろうか。

第一波のときのように時短営業や休業要請を出すことはないと思うが、客が来なければ同じことである。飲食店の皆様は、本当に大変な1年だったと思う。

コロナ禍でオープンした店を取材することがある。ほとんどの店はテイクアウトメニューを用意しているし、カウンターやテーブルもアクリル板で仕切られている。飲食店も世の中の変化に合わせて替わろうとしているのだ。

昨年末までの忘年会、というか、盛り場で何軒もハシゴして朝まで飲み明かす、なんてことはもうできないのだろうか。忘年会だけではない。昨年は3月、4月の歓送迎会も行われなかった。このまま行けば、昨年と同じパターンとなる。

いかん。考えれば考えるほどマイナス思考になってしまうなぁ。でも、これから飲食店のあり方がどれだけ変わろうが、私は頑張っている飲食店を写真と文章で応援し続ける。私の力なんぞ微々たるものだが。

飲食店はそこで暮らす人々によって長年にわたって築き上げた文化なのである。それを報じるメディアのグルメ情報もまた文化の一翼を担っている。人気の飲食店がなくなるというのは文化の喪失なのだ。フードライターとしてはそれを何とか阻止したい。

私と縁のある飲食店の皆様、これまで歯を食いしばって頑張ってきたと思いますが、もう一踏ん張りです。一緒に乗り越えましょう。

 

※写真は、小牧市のあんかけスパ専門店『めりけん堂 小牧店』の「めりけん堂セット」。昨夜は女房と2人だったので食べに行ったが、コロナの第三波が影響しているのか、客はいつもより少なかった。