永谷正樹、という仕事。

フードライター、カメラマンの日常を書き綴ります。

きしめんの逆襲。

f:id:nagoya-meshi:20210507194209j:plain

東京や大阪にあって、名古屋にはないもの。それはなーんだ?

答えは、そばやうどんなど麺類の立ち食い店。東京や大阪へ行くたびに羨ましいと思う。しかも、そこそこ旨いし。

何よりも、街を歩いているだけで東京=そば、大阪=うどんという具合に文化として根付いているのを感じるのだ。それが何とも羨ましい。

名古屋には、名古屋駅のホーム『住よし』と名古屋駅地下街『大須きしめん』くらいしかない。それでも『住よし』の存在は大きい。県外から訪れた人々に名古屋のご当地面がきしめんであることを強く印象づけている。

が、しかし、このブログで何度も書いているように、『住よし』のきしめんは、例えるならばファストフードのハンバーガーなのである。アメリカンダイナーや専門店がこだわり抜いて作ったグルメバーガーと同じハンバーガーとはやはり違う。

なぜ、名古屋には立ち食いのきしめん店がないのか?と、いうよりは、市内できしめんの名店といわれる麺類食堂が立ち食い店を出店したら絶対に繁盛するのではないか。

私は長いことそう思っていたが、その理由がわかった。できなかったのである。いや、資金面とかそういう話ではない。

『住よし』の「かけきしめん」は一杯360円。きしめんが評判の店のほとんどは手打ちによる自家製麺を使用している。人件費や材料費を考えると、この値段で提供するのは無理なのだ。

だからと言って、『住よし』と同様に業務用の冷凍麺を使うわけにはいかない。手打ち麺と比べて明らかに美味しくないものを人様に食べさせることは職人としてのプライドが許さなかったのだ。

逆に言えば、手打ち麺と変わらないクオリティの麺を製麺機で作ることができたら、きしめんの立ち食い店は現実のものとなる。名古屋のみならず、全国のうどん店やそば店は店主の高齢化や後継者不足という問題を抱えている。

それだけに製麺機の性能は向上しているだろうし、冷凍技術も日進月歩である。必ず近い将来にきしめんの立ち食い店が誕生するだろう。平成時代に日の目を見なかったきしめんの逆襲が令和の時代にはじまるのだ。

遊びが仕事になるという快挙。

f:id:nagoya-meshi:20210506203533j:plain

今回のブログは告知を二つ。

このほどweb版『おとなの週末』が大幅にリニューアルしました。私が提供した記事と写真が公開されたのは昨年12月以来。今月から月に2〜3本ずつ公開していく予定です。まず、5/3(月祝)に公開されたのが↓こちら。

otonano-shumatsu.com

今年3月、名古屋市天白区にオープンした『炭焼 うな富士 天白別邸』の「お昼限定膳」を紹介させていただきました。取材にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

web版『おとなの週末』では、上記のような名古屋のグルメ情報をお届けします。それともう一つ。なんと、このブログでもお馴染みの「チャーラーの旅。」の連載が決まりました!

もともと遊びではじめた企画が、仕事になってしまいました。私はこのような形をずっと望んでいました。私の中では「快挙!」だと思っています。

↓5/6(木)に記念すべき第1回目の記事が公開されました。

otonano-shumatsu.com

連載の初回ゆえに企画の趣旨も書いています。

愛知県内はもちろん、筆者は出張先でもチャーラーを食べている。観光客向けに作られた郷土料理よりもそこで暮らしている人々が日常的に利用している町中華や地元密着型の中華チェーン、ラーメン店に魅力を感じる。

と、いうわけで、この「チャーラーの旅」では、筆者が食べたチャーラーを紹介する。基本的にはセットメニューを取り上げるが、メニューにない店はチャーハンとラーメンをそれぞれ注文する。

なお、ガチの食べ歩きレポートとなるので、大まかな場所と店名以外のデータは載せない。行きたいと思ったら、ググるなりして自身で調べてほしい。

「チャーラーの旅。」は月1〜2本のペースで公開していきます。

お楽しみに! 

ひとり飯のススメ。18

f:id:nagoya-meshi:20210505211446j:plain

昨日のブログで、女房が実家へ帰ったと書いた。念のために言っておくが、愛想を尽かせて家を出ていったわけではない。まぁ、いつ蒸発されてもおかしくはない状況ではあるが。

夕方くらいに女房から、「ご飯を食べてから帰ります」とLINEで連絡が入った。ってことは、今夜もひとり飯である。こうなりゃ「ひとり飯」シリーズとしてブログに書こうかと。

普段あまり足を運ばない店へ行こうと思い、真っ先に頭に浮かんだのが『徳川町 如水 西春店』だった。ここはいつも行列ができていて、待たなければ食べられないため、時間のあるときでないと行かないのだ。

nbmm600.gorp.jp

幸いなことに、紙媒体の記事は夕方に書き終えたので、どれだけ並ぼうが平気。ってことで、車を走らせた。

雨が土砂降りだというのに、店内の待合いスペースには10人ほどが待っていた。昨日の『うま屋』と同様に家族連れとカップルだらけ。味を堪能するにはひとりに限るんだけどなぁ。

10分ほどでカウンター席に案内された。注音したのは、名物の「塩全部のせ」(1000円)。いつも私は醤油を注文するが、たまにはね。

まずはスープをひと口。うん、とても深みがある。無化調ゆえにスッと身体に染み込んでいく。あ、たしか20年ほど前に『おとなの週末』で東区の本店を取材したことがあったな。

当時、無化調のラーメンは珍しかったと思う。取材時に初めて食べたとき、かなりの衝撃を受けた。浮き沈みが激しいラーメンの世界で20年経った今でも人気が衰えていないのがスゴイ。

ストレートの細麺もスープとベストマッチ。チャーシューや煮玉子も美味しかった。何というか、ジャンクではなく洗練されている。女性客が多いのもそのためだろう。

ご馳走様でした♪

GWにひとり飯。

f:id:nagoya-meshi:20210504212054j:plain

何てことだ!?昨日のブログでも書いた通り、今日から女房が実家へ帰ったため、今夜は次男と2人で食事へ行こうと思っていた。次男には昨日の昼の時点で明日の夜は外食へ行こうと言っておいた。

ところが、今日の午前中に「今夜、何が食べたい?」と聞くと、険しい顔をしていた。どうやら、行きたくないようだ。「外へ出ると疲れるから」と、次男。GW中は、いや、普段から学校のあるとき以外はずっと部屋に引きこもってゲーム三昧。そっちの方が疲れるわ(怒)!

今はグータラな生活をしても誰から何も言われないが、就職したらどうするんだろう。まぁ、自分で蒔いたタネを刈り取るのも自分である。嫌であっても私はいっさい手を貸すつもりはないから、そのつもりでいろよな。

2人だったら食べに行く店の選択肢が増えるものの、次男にフラれたので今夜はひとり飯。ってことで、定期訪問(笑)している『うま屋』へ行くことに。

GWということもあって、『うま屋』にいたのはほとんどが家族連れかカップルだった。そのせいかカウンター席はすぐに空き、あまり待つことなく入ることができた。注文したのはチャーハン。悔しいから大盛りで、写真は撮っていないが餃子も注文した。

うん。やっぱり旨い。次男にも食べさせてやりたかったなぁ。ってことで、私のGWは終わった。明日も原稿書き。昼食は家で食べようと思い、『うま屋』の帰りに100円ローソンに立ち寄って買い出しをしてきた。

あ、今日は長文の原稿を仕上げることができた。残りは2本。気を抜かずに取り組もう。

私のGW。

f:id:nagoya-meshi:20210503210542j:plain

GWもずーっと仕事。っていうか、先月はいつ休んだのか思い出せない。何連勤になるんだろう?とりあえず、5/9(日)まで休みはなし。ブラックフリーランスだな、こりゃ。

昨日は午前と午後に撮影2本立て。さすがに疲れた。帰宅後、ソファでゴロゴロしてから画像処理にとりかかった。

今日から3日間で3本の記事を書かねばならない。紙媒体の短めの原稿と3000字の長文原稿がそれぞれ1本ずつと、webメディアのこれも3000字の原稿。紙媒体とwebメディアの3000字の原稿は半分ほど書いているので、3日あれば大丈夫だろう。

コロナ禍でもあるし、子供も成人しているし、家族揃って出かける予定もない。女房は今日と明日、1泊2日で実家へ行って掃除や片づけをするという。長男も出かけているし、自宅には私と次男だけ。せめて今日の夕飯は次男と何か旨いものを食べに行こうと思っている。

私のGWはそんなもんだ。

サヨナラ、名古屋めし。

f:id:nagoya-meshi:20210502230026j:plain

お気づきになられた方もいると思うが、ブログのタイトルを『永谷正樹のなごやめし生活』から、『永谷正樹、という仕事。』に変えた。

昨日のブログで、もうそろそろ「名古屋めし」というコトバを使わないようにしませんか?と呼びかけた手前、ブログタイトルが「なごやめし」では説得力がないと思ったからである。

名古屋めしについて書いていたのは、2016年〜2017年頃。それ以降はほとんど書いていない。ググって名古屋めしの食レポを期待してこのブログに来られた方には本当に申し訳ないと思っている。

『永谷正樹の名古屋めし生活』というタイトルにしたのは理由がある。ブログを開設した2016年当時、名古屋めしについての講演のオファーが多く、取材して得た知識をまとめてレジュメ代わりにしようと思ったのだ。

それと、イヤラシイ話、タイトルを「なごやめし」とすればアクセス数も増えると思った。ブログのURLもはてなのIDも“nagoya-meshi”とした。あー、本当にイヤラシイ。

「名古屋めし」というコトバを使わない、と書くと勘違いされるかもしれない。ナガヤの名古屋めし愛が冷めたのではないか、と。

まったく逆である。名古屋めしというコトバが生まれたからこそ、一介の地方ライターにすぎない私が『なごやめし』という単行本も出版することができたし、30代から現在にいたるまで何とか食べていけるのも名古屋めしのおかげである。

では、なぜ、名古屋めしというコトバを使いたくないのか。私は名古屋の食文化の奥深さを語りたいのだ。名古屋めしとひと括りにしてしまっては、味噌かつやきしめんなどそれぞれの魅力が伝わりにくい。そう判断したのである。

例えるならば、アイドルグループだ。メンバー一人一人の発信力が弱くても、集まることで大きな力となる。私は名古屋めしというグループを追いかけるよりも、ソロの味噌かつやきしめんを取材したい。

時代とともに人々も食に対して本物志向になっている。グループで活動するよりもソロでそれぞれの実力を発揮する時期に来ていると思う。ソロアーティストと呼ぶに相応しいきしめんはどの店が出しているのか。フードライターとしてはその方が面白いに決まっている。

それともう一つ理由がある。先日、ある店へ取材に行ったとき、ご主人からこんな話を聞いた。

「名古屋の料理人は、味噌やたまり醤油に頼っている、って言われたことがあります。東京や大阪からそんな風に見えるんでしょうかね」と。

それは偏見そのものである。たしかに名古屋の調味料は個性的だが、それらを使いこなすことで食材そのものの旨みを引き出しているのである。料理人がナメられているということは、彼らの作る料理も格下と言っているのと同じことだ。それは断じて許せない。

そんな間違ったイメージをオノレの人生を懸けてでも払拭したい。そのためには、やはり、名古屋めしというコトバは要らないのだ。だから別れを告げようと思う。

サヨナラ、名古屋めし。

井の中の名古屋めし。

f:id:nagoya-meshi:20210501234005j:plain

先月、宮崎へ行ったとき、「吉瀬美智子似の店員がいる」と友人に連れて行ってもらった居酒屋での話。吉瀬美智子似の店員さんは、大将の妹さんだった。以下、美智子さん(仮名)とする。

「この人、ナガヤさんといって、名古屋めしを世の中に広めた人なんだよ!」と、友人は私を美智子さん(仮名)に紹介してくれた。いやいや、そんな大したものではないが、それはどうでもよい。

美智子さん(仮名)は、友人が言う名古屋めしがイマイチわかっていないようだった。それどころか、そのコトバを初めて聞いたような顔をしている。辛うじて味噌かつやひつまぶしは知っていたが、名古屋めしというコトバは知らない様子だった。

彼女の場合は特殊かもしれないが、名古屋めしの知名度はこの程度だとも思った。名古屋めしだ何だと盛り上がっているのは地元だけなのだ。

愛知万博のときもそうだった。名古屋の街のいたるところに万博のポスターが貼られていたのに、東京ではまったく見なかった。当時はこの温度差に驚いた。実際、万博に足を運んだのは圧倒的に地元。東京に住む私の知り合いはほとんど来なかった。

そもそも、だよ。東京や大阪で暮らしている人が名古屋になんて興味があるか!?あるわけがないぢゃないか!そんなこと、冷静に考えればわかるだろう。

ついでに言うと、名古屋人は日本で東京、大阪に次ぐ都市が名古屋だと思っているフシがある。でも、2位の大阪とはダブルスコアくらいの差があるし、博多や札幌で暮らす人たちもわが街こそが第三の都市と思っている。

街の規模としては名古屋の方が大きいかもしれない。でも、博多や札幌には食べ物以外にも魅力が沢山ある。名古屋はどうか?20年間も名古屋めし、名古屋めし、名古屋めし……。しかも、発信は外ではなく内へ向けて。それって、どうなのよ?

味噌かつや手羽先、ひつまぶしなどの名古屋の食べ物の総称を「名古屋めし」としたのはすばらしいアイデアだと思う。でも、もうそろそろ地元でそのコトバを使うのをやめませんか?

 

※写真は昨日のお昼に食べた名古屋・新栄町『大須たんたんめん』の「汁無担々麺」。平打ち麺だからといって名古屋めしではない。その短絡的な発想こそ、名古屋めしが記号化された証拠である。