永谷正樹、という仕事。

フードライター、カメラマンの日常を書き綴ります。

もう、コンデジは要らない。

えーっと、もう10年以上前になるかな。昔は、コンパクトデジタルカメラ、通称“コンデジ”にもこだわっていた。

と、いうのは、取材の下調べで店へ行った際に、食べた料理を記録する必要があったのだ。撮影した写真は原稿を書くときの確認用だけではなく、誌面でも使われた。

だから、少しでもキレイに撮れて、できるだけ被写体に近寄って撮影できるコンデジを買っていた。

ところが、スマホが普及し、内蔵カメラの性能も良くなってくると、カメラメーカーはコンデジの開発をやめてしまった。現在販売されているコンデジは初心者向けのモデルはなく、よりマニアックになっている。

iPhone 11 Pro が発売されたとき、コンデジの時代は終わったと思った。何しろ、広角のほか、超広角と望遠と3つのレンズを搭載しているのだ。

基本、料理の写真は、歪みの少ない望遠レンズで撮影する。広角レンズ1つのiPhone 7や8、XRではデジタルズームで撮影するしかない。つまり、広角レンズで撮影した写真をトリミングすることになるので、印刷に耐えられないケースも出てくるのだ。

今年1月、私はiPhone 11 Pro の中古を購入した。以来、このブログに載せている写真の大半はそれで撮影している。

前にも書いたと想うが、『おとなの週末web』で連載中の「ニッポン“チャーラー”の旅」の写真もすべてiPhoneだ。

カメラの性能としてはまさに言うことなしだが、唯一の欠点はシャッターボタン。コンデジと違ってスマホの画面にあるので、手ブレが多いのだ。プロのくせに(笑)。

そこで、4月頃に↑スマホ用のシャッター付きグリップを買った。シャッターはiPhoneとBluetoothで接続し、グリップから分離してリモコンにもなる。三脚用のネジ穴もあるスグレモノだ。

とはいえ、実際に付けてみると大きくてポケットにも入らないため、ずっと使わないまま放置していた。

そんな中、ある料理を集中的に食べ歩いてレポートするという仕事を請けた。どのカメラを使おうかと考えたときにこのセットを思い出した。

ついでにRAWデータの無音撮影ができるアプリ「RAWカメラ」もインストールした。RAWとは、「素材のまま」や「生」という意味で、その名の通り、生のデータ。それをLightroomなどのソフトで加工して、皆様にもお馴染みのjpgに書き出すのだ。

ちなみにjpgの画像データは、加工すればするほど劣化してしまうが、RAWの場合はそれがない。仕事用のミラーレス一眼も私はRAWで撮影している。それがiPhoneでできるのは革命的なことなのだ。

食べ歩きレポートの仕事は、すべてこのセットで行おうと思う。

熟睡からのウルトラ集中力。

朝8時起床。何だか、体調がすこぶる悪い。頭は重たいし、全身の倦怠感がハンパない。食欲もなく、トースト1枚をアイスコーヒーで流し込むように食べた。

1階の仕事場へ行き、仕事に出かける女房を見送ったら、いよいよPCの前に座ることも辛くなってきた。

たまらずソファーへ横になった。その瞬間に寝落ちして、目覚めたのが昼1時。

3時間以上も熟睡したおかげなのか、起き上がってみると身体が軽くなっているし、倦怠感も和らいだ。

腹が減ってきたところで、自分の体調は大丈夫だと確信した。食欲は私にとって健康のバロメーターであり、体調不良のときはまったくお腹が空かなくなる。

何となく、ハンバーグが食べたくなった。喫茶店ではない専門店のハンバーグ。そこで近所にある専門店へ向かった。

注文したのは、いちばんシンプルな「目玉焼きハンバーグ」。ご飯と味噌汁、漬物が付いて1000円ちょい。ご飯と味噌汁はおかわり自由とのことだったが、あまり食べすぎると眠くなって仕事に差し支えると思ってしなかった。

この店については後日ブログに書こうと思っているので細かくは書かないが、従来の専門店と比べると、まぁまぁ満足した。

帰宅して、再びPCに向かうと、また睡魔に襲われた。これは体調不良ではなく空腹が満たされたことが原因だ。腹いっぱい食べかなかったのに……。

午前中に3時間も寝たついでに午後も寝ることに(笑)。1時間半ほど眠って、16時からようやく仕事をはじめた。

十分に休んだおかげで(笑)、自分でも驚くくらいスラスラと原稿が書けた。このペースなら、余裕で明後日までに仕上げられるだろう。

長時間ダラダラとやればよいというわけではなく、短い時間の中でいかに集中するか。それが仕事である。と、格言っぽく言い訳してみる(笑)。

OKAYAMA 2022 MAY.

昨日のブログにも書いた通り、今日はオフにして岡山の旅を満喫してきた。

どこへ行こうかと探していたら、岡山市から倉敷市までそんなに遠くないことがわかった。ってことで、倉敷の美観地区へ行ってきた。

以下が撮影した写真。撮影した順番に載せていく。

倉敷には朝10時から昼12時くらいまでブラブラと歩きながら写真を撮った。午後からは岡山市内に戻って、吉備津神社へ行くことにした。
その前に腹ごしらえをしようと思い、駅前のイオンモール岡山のレストランフロアにある『博多天ぷら たかお』で「海老天定食」を食べた。

ここからが吉備津神社で撮影した写真。

歩きまわったので汗をかいた。帰る前に岡山インターの近くにある日帰り温泉『桃太郎温泉 一湯館』へ立ち寄った。

温泉はめちゃくちゃ気持ちよかった。が、あまりにも心地良すぎて睡魔に襲われた。何度もSAやPAに車を止めて仮眠をとった。そのせいで帰宅するまで7時間近くもかかってしまった。

今もかなり眠たい。明日から日曜日までの3日間で長文の原稿を書かねばならない。気持ちを切り替えて頑張ろう。

岡山へ。

今日から岡山県へ出張。

スマホのアラームを朝5時半にセットしたのに、5時10分に目が覚めた。おかげで5時半に自宅を出発することができた。

岡山へ入ったのは昼前。おかげでゆとりを持って仕事が進められた。

17時半に仕事を終えて、岡山市内のホテルに到着したのが20時。あ、途中で夕飯を食べたけどね。

ホテルの部屋に入ったら、ドッと疲れが出た。朝が早かったからなぁ。で、ホテルから一歩も出ずに部屋でテレビを見ながら過ごした。

明日はオフの予定。そのために今週は土日も休まずに仕事をしていたのだ。

近くを観光して、お風呂セットも車に積んでるので、日帰り温泉へ行こうと思っている。

明日のブログに沢山写真が載せられると思う。

それでは皆様、明日も善い一日を♪

ちづるさんとシガツ。

今日は15時半から市内の某企業。経済誌のインタビュー撮影の仕事だ。急ぎの原稿も書いたし、昨日撮影した写真もすでに現像して送信済み。午前中はのんびりと過ごして、お昼は福田ちづるさんと丸栄スカイル9階の『スパゲティ コモ』へ。

電話で話すたびに。SNSでやりとりするたびに

「シガツ食べに行こうね!」という話になり、ようやく実現した。

『スパゲティ コモ』は、あんかけスパの店。『ヨコイ』や『そーれ』と比べるとマイナー感は否めないが、ここでなきゃダメという常連もいると思う。

店の前にあるサンプル。中央がお目当ての「シガツ」。どんなメニューかというと……。

具材は魚肉ソーセージと玉ネギ、ピーマン。と、ここまでは普通。いや、魚肉ソーセージを使っているのはここくらいか。でも、違和感はない。

「シガツ」の最大の特徴は麺。カレー粉で味付けがしてあるのだ。しっかりとした味ではなく、ほんのりと。これがあんかけソースとめちゃくちゃ合うのである。

これが実物。サンプルとかなり違うし、卵が失敗したカルボナーラみたいになっているが、そんなことは食べたらあまりの美味しさに吹き飛ぶ。

「あー、これこれ」と、ちづるさんと目を見合わせながら何度言ったことか(笑)。

食べたいと思ったものが食べられるのは本当に幸せなことだ。

『スパゲティ コモ』を後にして向かったのは、丸の内にあるレトロな喫茶店。アイスコーヒーを片手に生産性がまったくない、どうでもよい話(笑)を延々と。それがまた楽しいだ。

たぶん、人生の半分くらいはどうでもよいことをやったり、話したりしていると思う。それが楽しいものならば、人生は楽しいということになる。

さて、明日は岡山県へ出張。早朝に出発して、仕事は午後から。ってことで、今日は早く寝る。

撮影2本立て。

今日は、名古屋駅で撮影2本立て。

1本目はJRセントラルタワーズの中にある店でセットメニューやきしめん、ラーメン、ぴよりんなど。

撮影していると、東京・人形町『玉ひで』のY社長とばったり会った。めちゃくちゃ久しぶり。たまたま今日は名古屋出張だったようだ。

「何時に終わる?飲みに行こう」と声をかけていただいたが、この後も撮影があるので泣く泣く断った。

Y社長こそ、このクライアントを紹介してくださった大恩人なのである。写真も文章も自己流の私には師匠と呼べる人はいないけど、足を向けて寝られない人は沢山いる。Y社長もその一人だ。

またいつか名古屋でY社長と飲み明かしたい。

1本目は1時間半ほどで終わり、2本目の現場である駅前のビルの地下にあるハンバーガー専門店へ。

ここは旧知のフードコーディネーター、Y見さんのプロデュース店で、メニューブックを作り替えるタイミングで声をかけていただいたのだ。いやー、本当にありがたい。

撮影したのは、ハンバーガー19種類とサイドメニュー4種類。

ライティングは、サイド(左)からディフューザー越しに1灯。あえて影をつけて立体感を出したかったので、レフ板を遠くに置いた。

↑こんな感じ。で、撮ったのがトップに使った写真。旨そうでしょ。

撮影は2時間半くらいで終了し、機材を片付けていると、

「ナガヤさん、ハンバーガー持ってって」と、吉見さん。本格的なグルメバーガーを沢山お土産にいただいた。

帰宅後、わが家ではハンバーガー祭り(笑)。ハンバーガーが大好きな次男は、

「夜中にも食べるし、明日も食べる!」と大コーフン。

明日も撮影。料理ではなく、経済誌のインタビュー撮影。さぁ、今から明日の準備をしなきゃ。

生き残る店。

原稿書きの合間にお気に入りの喫茶店へ。

注文したのは、いつものピラフランチ。サラダとドリンクが付いて800円。あ、今年4月に多くの飲食店は一斉に値上げに踏み切ったが、ここは据え置き。

昨今の物価上昇で値上げしたいところだろう。でも、喫茶店は常連客で成り立っている部分があるから、値上げするとなるとどうしても慎重になるのだ。

やはり、ここのピラフは旨い。いかにも喫茶店の味。昔とまったく変わらない。この先も、これからもこの味が楽しめるのなら、多少の値上げは仕方がないと思うのだが。

ここはピラフ以外の料理も美味しい。もちろん、業務用スーパーで売られているようなものも使っているだろうが、手を加えているのでそれを感じさせないのである。

それと、何よりも雰囲気。たくさんの雑誌があり、BGMはビートルズのボサノバカバー。インテリアや照明は取り立ててオシャレというわけではないが、不思議と落ち着くのだ。

youtu.be

最近では昭和レトロ風の喫茶店が流行っているようだ。しかし、それはどこまで忠実に再現されていたとしても、本物に敵うわけがない。店も生き物なのである。店主とともに歩んできた歴史が味や雰囲気を作り出しているのだ。

喫茶店に限らず、居酒屋や割烹、町中華、イタリアン、フレンチなどもちゃんと美味しくて、居心地の良い店はこれからもずっと生き残っていくだろう。