永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

森健さん、再々登場。

f:id:nagoya-meshi:20190818224304j:plain

心が疲れたとき、エネルギッシュな人と会うようにしている。

私の周りに沢山いる中で声をかけさせていただいたのが、このブログでもたびたび登場している森健さん。

私とひとまわり以上も年が離れているにもかかわらず、めちゃくちゃパワーがある。この前、私と深夜2時すぎまで飲んでいて、私と別れた後、クラブ(おねえちゃんがいる店ではなく、踊る方ね・笑)へ行って深夜3時半くらいに帰ったらしい。

それだけでもスゴイのに、その翌日に彼のFacebookを見たら、草野球をしていた(笑)。もう、どれだけ元気なんだ。森健さんは某国からの飛翔体(笑)が直撃しても死なないんじゃないか(笑)。それどころか、某国に投げ返してしまうのではないか(笑)。

いつもはバカ話9割8分、マジ話2分なのだが、この日は違った。

50代をどのように生きるか、迷い、苦しむ私に、森健さんが広告業界で歩んでこられる中で思ったことや感じたことを教えてくださったのだ。森健さん自身は1円の得にもならないのに。

代わりがきく、その他大勢のカメラマン、ライターではなく、唯一無二の存在となる。私がめざすことに対して、森健さんからのアドバイスは的確なものであった。

しかし、それは、私が専門学校やフリーになって仕事を通じて学んだこととは真逆のことだった。森健さんとは仕事のジャンルが違うから当たり前といえば当たり前。でも、ハナっから「できない」と決めつけては私もそれまでの男になってしまう。

何とか、森健さんに近づきたい。森健さんにとって、今の私は単なる飲み友達の一人にすぎない。でも、いつか森健さんと仕事がしたい。そのためのヒントをいただいたと思っている。

森健さんがおっしゃったことが頭の中でずっとリフレインしている。それを実行するには……。ハッキリしているのは、まず、オノレの殻を破ること。正直、怖いという気持ちもある。その反面、ワクワクしている自分もいる。50代の人生が少しだけ、楽しくなってきた。

コンプレックス。

f:id:nagoya-meshi:20190621004844j:plain

世間で言うところのお盆休みは、毎日原稿を書いていた。電話はほとんどかかってこないし、メールも少ないため、書くのに集中できると思っていた。が、オノレの、あまりのボキャブラリーの貧しさに凹みまくり。

それでも〆切は待ってくれないわけで。よく、「文章が上手くなるにはどうすればよいでしょうか?」なんて訊ねられることがるが、こっちが聞きたいわ(笑)!

ほんと、文章だけで食っている人はスゴイと思う。どんなアタマしてんのか、開けて見てみたいくらいだ。語彙もなければテクニックもない私は、一文字でも多く書くしかない。写真も同様。表現の、あまりの引き出しの少なさ加減に凹みまくり。

こんなとき、相談できる師匠がいればなぁと思う。このブログで何度も書いている通り、私には師匠がいない。文章も写真もすべて我流。今さら後悔しても遅いのだが、私の中では相当コンプレックスを感じている部分ではある。

だから、オノレが志す道における師の存在は、本当にかけがえのないものであり、一生の宝である。師匠がいない私が言うんだから間違いない。

あ、私は師匠がほしいのではない。勘違いしないように。師匠から教わる「表現の引き出し」が私にはないのだ。これもすべては私の責任だから悔やんでも仕方がない。

ただ、自分自身に言い聞かせていることがある。それは、写真が好きであるという気持ちが大きければ大きいほど、知識や技術を凌駕するのだ、と。テクニックがない分、気持ちでぶつかってやれ!ということだ。って、こんな根性論は今どき流行らないよな。でも、そう思わなきゃやっていけないのだ。

継続は力なり。

f:id:nagoya-meshi:20190812111951j:plain

重度の脳性麻痺で立つことも、

話すこともできない女性と、

その母親と会う機会があった。

彼女は養護学校の友人とプールに通い始めた。

最初は水が怖くて、プールに入ることはおろか、

プールサイドに座るのがやっと。

水に顔をつけるのも、

額だけからはじまり、目、そして口。

それだけで1年以上がかかったという。

一緒に通っていた友人は途中でやめてしまった。

いや、正しくは、

「やっぱりウチの子には無理」と

判断した親がやめさせた。

友達がいなくても、

彼女はプールへ通うのをやめなかった。

母親は彼女の気持ちを尊重した。

通い始めて9年が経ち、

今年6月には記録会に参加した。

彼女は背泳ぎで25メートルを泳ぎきった。

達成感に彼女は号泣した。

母親も泣いた。

コーチも泣いた。

その様子を見ていた多くの人々も泣いた。

継続は力なり───。

彼女はそれを体現したのだ。

今の自分は過去の積み重ね。

今の自分に納得がいかなかったら、

過去を悔やむのではなく、

今を本気で生きるのだ。

それを積み重ねていこう。

チャーラーの旅。22

f:id:nagoya-meshi:20190808170505j:image

チャーラーの旅。のご近所シリーズ。もう、これまで何度店が入れ替わったのかわからないという場所ってあるよね。結局、そこで店をやってもダメということなんだけど、店を開く方は「美味しいものを出せば何とかなる!」って思っちゃうんだろうな。

今回訪れたのは、北名古屋市の「高田寺北」交差点のすぐそばにある『麺屋あさの』。

tabelog.com

ここは今年7月に開店したばかり。その前は、静岡県牧ノ原市に本店があり、浜松市や藤枝市、島田市に展開している『池めん』。さらにその前は、地元の『ぎんや』と『晴レル屋』、『フジヤマ55』のコラボ店『ぎん晴れ55北名古屋店』だった。

いずれも大きなチェーンである。にもかかわらず、撤退を余儀なくされたのだ。やはり、ここはどこが店を出してもダメなのではと思ってしまう。

注文は食券で。私はあっさりラーメンのカテゴリから「ラーメン」(650円)と「セット半チャーハン」(250円)を購入。食券を店員さんに渡すと、

「麺の大盛りは無料ですが、いかがでしょう?」と聞かれたので、大盛にすることに。

f:id:nagoya-meshi:20190808170505j:plain

カウンター席に座って、まず、出てきたのは「セット半チャーハン」。「半」というわりにはかなりの量。ほぼ1人前はあるのではないかと。さっき、カウンター越しでご主人がチャーハンを作っていたのはコレだったのだ。炒める音を聞いていて、絶対に旨いと確信していた。

実際、かなり美味しかった。どちらかというと、しっとり系。卵のふんわりとした食感が残っていて、米の食感とのコントラストが楽しめる。大きめにカットされたチャーシューも旨い。

f:id:nagoya-meshi:20190808170520j:image

ほどなくして、「ラーメン」が運ばれた。麺が整然としていて、ビジュアルは美しい。海苔の上にのせられたナルト?も目を引く。

まずは、スープをひと口。ん?たしかにあっさりとしているものの、やたらと塩っぱ辛い。 ストレート麺はコシがあって美味しいが、やはり塩っぱ辛い。そのおかげでチャーシューの味もよくわからなくなっている。やはり、中華屋で食べるラーメンとは違うのだ。

それと、麺の大盛りというサービス。これはたしかにありがたいことではある。が、それだけではこの地で営業していくのは正直、キビシイと思う。ラーメン店におけるデフォルトのラーメン。本来はいちばん力を入れるべき一品なのではないか。食べながらそう思った。そして、何とか、この場所で成功してほしい。

壊国者たち。

f:id:nagoya-meshi:20190806233411j:plain

ネットの掲示板やTwitterを見ていると悲しくなるときがある。思想や信条の違いから、その人の人格をも否定したり、「反日だ!」、「売国だ!」、「在日だ!」、「工作員だ!」などと、ヒステリックになじり合う。

双方とも国を憂いてのことだろうが、相手を論破したことが少しでも国のためになるのだろうか。ま、なると思っているからガンガンにやり合うんだろうな。でも、残念ながら、マイナスになることはあっても、決してプラスにはならないと私は思う。

憎しみはさらなる憎しみを生み、増殖するからだ。その勇ましさに感化された者がまた吠える。極論と極論だから交わり合うはずがない。結果、国は二分される。

そうなったときに喜ぶのは、反日を掲げるあの国やその国ではないのだろうか。そう考えると、彼らは愛国者でも何でもない。いわば「壊国者」、だ。

そうならないようにするのが政治家の仕事だが、彼らも票欲しさに吠えまくり、煽りまくる。そんな人にこの国の未来を托してよいのかと思ってしまう。

国を憂いるという、その熱量を互いにリスペクトし合うのであれば、この国にとってもプラスになる。必ず理解し合える部分が見つかるからだ。

思想や信条がまったく違うのであれば、その人自身を好きになればよい。人の魅力というのは、思想や信条を超えたところにあるのだから。

とくに、ネトウヨと呼ばれる人たちに言いたいことがある。

同胞が愛国という大義名分を掲げて互いに罵り合うことを、

天皇陛下は望んでおられるのか。 

天皇陛下は私たちを「おおみたから」として、常に健康と幸福を祈ってくださっているのだ。たとえ皇室に弓を引く者であっても、公平に。だから、決してそんなことは望んでおられるはずがない。

国民の健康と幸福、さらには世界平和を祈ってくださる

天皇陛下の大御心に思いを寄せる。

悠久のときから、この国はそうやってまとまってきたのであることを忘れてはならない。

ナガヤ流・美味しいチャーハンの作り方。

f:id:nagoya-meshi:20190812223606j:image

チャーハンは、よく作る。この日は、冷蔵庫に「カニかま」があったので、カニ風チャーハンを作った。

チャーハンを作るのに、これまでいろんなレシピを試してきた。それこそ、あらかじめ卵かけご飯を作ってそれを炒めたり。あ、金山一彦のレシピも試したことがあったな(笑)。今は自分なりにレシピを確立したと思っている。

いつも何の役にも立たないことばかり書いているので、たまには読者様のために役に立つ情報も載せておこう。ってことで、ナガヤ流・美味しいチャーハンの作り方を伝授しようではないかっ!

 

【材料】※2人分

ご飯 ……茶碗2杯分強

卵……2個

ネギ……1/2本

ベーコン……ハーフサイズのものを4~5枚

※具材はほかにかまぼこやちくわ、カニかまなどがあれば適当に

ショウガ……チューブ入りのもの。1cmくらい

ニンニク……チューブ入りのもの。1cmくらい

油……大さじ1強

塩……2つまみ(親指と人差し指、中指でつまむ)

コショウ……2振り

醤油……小さじ1

※調味料の量は目安。味が薄いと思ったら、塩や醤油の量で調節する

 

【作り方】

1.ネギとベーコン、その他の具材をみじん切りにする。卵も溶いておく。

2.フライパンに油をひいて、そこに刻んだネギ(1つまみ分)とショウガ、ニンニクをのせて、ガスコンロ(またはIHコンロ)を点火する。※火加減は最初から最後まで強火。

3.香りが立ってきたら、溶き卵を流し込む。間髪入れずにご飯も入れる。

4.すべての具材と醤油以外の調味料も入れて、油を吸った卵とご飯、具材が混ざり合うように炒める。

5.卵とご飯、具材がまんべんなく混ざり合ったら、フライパンの鍋肌に沿って醤油を入れてよくかき混ぜて完成。

 

ポイントは2つ。まずは、ネギとショウガ、ニンニクで作る「調味油」の存在だ。これだけで味はガラリと変わる。「中華あじ」や「シャンタン」を入れなくても十分に美味しい。

それともう一つ。溶き卵を流し入れたら間髪入れずにご飯をいれることで、油を吸った卵がご飯の一粒一粒をコーティングしてくれるのだ。

今はお盆休み中でもあることだし、お子さんの夏休みの自由研究の材料にでもなれば幸甚である。是非、お試しアレ。

花井忠則さん。

f:id:nagoya-meshi:20190811233606j:plain

拙ブログの読者様のことを勝手ながら「私のファン」だと思っている。毎日300名ほどの方が訪れてくださるので、私には約300名のファンがいるということになる。

って、文章に書くと、私はどれだけオメデタイ男なんだろうと呆れる(笑)。でも、そう思わなきゃ毎日書き続けることができないオレの気持ちもわかってくれ(笑)。

先月、名古屋市東区東桜の料亭『神楽家』でスマホカメラ撮影講座を開催した。

nagoya-meshi.hateblo.jp

20名ほどの参加者があり、その中には私のブログで講座があることを知って申し込まれた方もいた。開催前にお店の方からそれを聞き、「もしも、キレイな女性だったら……!?」と、私は淡い期待を寄せていたのだった(←ホームラン級のバカ・笑)。

で、いざ蓋を開けてみると、案の定というか、やっぱり男だった(笑)。それが↑写真の花井忠則さんだった。花井さんは、「人気ブログランキング」から私のブログに飛んできた、大のグルメ好き。「“チャーラーの旅。”、楽しく拝見させていただいてます」と、おっしゃっていた。そういえば、このブログはグルメブログだったんだ(笑)。

花井さんは東区泉でマッサージ店『シアツドコロ Compass 泉』を経営している。私は月イチくらいのペースで全国展開しているマッサージ店に通っている。写真を撮るのにも、原稿を書くのにも目を酷使するので、眼精疲労から慢性的な肩こりに悩まされているからだ。

compass-izumi.com

『シアツドコロ Compass 泉』のホームページを見て、現在はオープニング価格でやっていることを知った。しばらくマッサージに行ってなかったので、花井さんに連絡をして行ってきた。

マッサージに通っていて、いつも思うのは、最初の5分くらいに掌で背中を押しながら擦る、あれ。意味があるのかと思っていた。おそらく、体の状態を診るためのものだと思うが、花井さんは私を見るなり、「左肩が盛り上がってますね」と、見事に凝っている箇所を言い当てた。

施術前に「ウォーターマッサージベッド」で水圧マッサージ。これは読んで字の如く、ウォーターベッドの水圧を利用してのマッサージ。20分間、肩や腰、脚と全身くまなく揉みほぐしていく。これが実に心地良い。

そして、施術用のベッドに移動。うつ伏せになり、施術開始。花井さんの指と肘が的確にツボを捉える。もう、これまで通っていたマッサージ店とはまったく違う。いつも何となくもの足りなさがあり、「強揉み」をお願いする。それでも満足しないことがある。今回も「強揉み」をお願いしたが、それを後悔したほどの(笑)痛気持ちよさを体感した。何と言えばよいのか、筋肉のより深いところを刺激されているような感じ。

1時間以上は揉んでくださったと思う。終わった頃には、体がめちゃくちゃ軽くなっていた。首や肩を動かすと、まるでオイルをさしたようになめらかに動く。こんなのは初めてだ。自宅から車で30分ほどかかるが、通う価値は十分にあると思った。

花井さーん!このたびはありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします♪