永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

チャーラーの旅・14

f:id:nagoya-meshi:20190522095555j:plain

私、永谷正樹は、いつの間にか「デカ盛り」の有識者になっていた(笑)。

ja.wikipedia.org

↑Wikipediaにこう書いてあった。

 

永谷正樹(ながや まさき)

フードライター兼カメラマン1969年愛知県生まれ。名古屋商工会議所所属。愛知県の食文化(名古屋めしモーニング、喫茶店)に造詣が深く、地元・全国(マツコ&有吉の怒り新党、2016年3月9日)を問わずテレビ局や新聞]等メディアへの出演・情報提供多数。リクルートが運営するWebマガジンに【名古屋デカ盛り列伝】を連載している。2014年3月4日に「名古屋・一宮・豊橋…喫茶店モーニング図鑑」を出版した。

 

たしかに、一時期、デカ盛りの店ばかりを取材していたことがある。名古屋はデカ盛り店が多く、フードファイターたちにとって聖地なのである。ただ、私はデカ盛り店とそのメニューを紹介している、いわば語り部にすぎず、デカ盛りマニアでもなければフードファイターでもない。取材時にデカ盛りにチャレンジするものの、半分どころか1/3も食べられないチキン野郎である。

f:id:nagoya-meshi:20190522095826j:plain

おっと、前置きが長くなった。今回紹介するのは、自宅から車で15分ほど。名古屋市北区苗田町にある『中華料理 シンチャン』。

tabelog.com

まず、名前がイイ。ママさんの名前を冠したスナック『あけみ』とか『みゆき』と同様に、店主の名前をそのまま店名にしていると思われる。きっと、店主の名前は「慎也」とか「真治」で、皆からシンチャンと呼ばれているのだろう。

ここには腹が減ってたまらないとき限定で行く。チャーラーのボリュームがハンパなく、今の私が完食できるギリギリの量なのである。

f:id:nagoya-meshi:20190522095555j:plain

そのチャーラーがこの「炒飯セット」(700円)。前列のラーメンとチャーハンがメインだが、後ろにあるのは!?とりあえずは、ラーメンから見てみよう。

f:id:nagoya-meshi:20190522100604j:plain

名称は、「醤油ラーメン」ではなく、店名を冠した「シンチャンラーメン」。まぁ、見た目は完全に醤油ラーメンなんだけどね(笑)。強いて違いを言うならば、ニラが入っているところか。そのおかげでスープにパンチとコクが生まれている。ほかの具材は、チャーラーのラーメンでは珍しい大きめのチャーシューとメンマ、モヤシ、ネギ、コーンと盛り沢山。ちなみに「炒飯セット」は「台湾ラーメン」も選択可能だ。

f:id:nagoya-meshi:20190522101446j:plain

こちらが炒飯。具材はチャーシューとネギ、玉子とシンプル。食感はしっとり系。写真ではわかりづらいが、1人前以上のボリュームがある。女性や少食の方ならこの炒飯だけでお腹いっぱいになると思う。ラーメンもしっかりと1人前の量があるので、さすがの私もギリギリ。フツーはこれで終わりのはずなのだが、ここはさらにもう2品つくのである。

f:id:nagoya-meshi:20190522103307j:plain

それが唐揚げとサラダ!特筆すべきは唐揚げ。カレー塩が付いていて、これがまた旨いのである。ラーメンと炒飯でお腹のキャパはギリギリなのに食べてしまうのである。だから、ここにはよほどお腹が空いていないと来られないのだ。

20代、30代の頃だったら、間違いなくペロリと完食できただろう。さすがに五十路となると、食べる量も少なくなった。イイ大人なんだし、量より質を求めるべきだろうが、チャーラーの旅。はやめられそうにない。

スマホカメラの撮影講座を開催します。

f:id:nagoya-meshi:20190520214616j:plain

名古屋市東区東桜にある料亭『神楽家』へ取材に訪れたとき、私が撮影し終わった料理を『神楽家』の日下智重子社長がスマホで撮影していたので、あるカメラアプリを教えてさしあげた。

kaguraya-nagoya.com

日下社長は大変喜ばれたので、

「スマホカメラの撮影講座、ここでやりましょうか?」と話したところ、トントン拍子に話が進んで開催する運びとなった。

ちなみに、↓この写真は、『神楽家』の平日限定のランチ「彩楽箱」(2600円)。

f:id:nagoya-meshi:20190520221641j:plain

この写真は、というか、「チャーラーの旅。」など、このブログに使っている写真のほとんどはiPhone7Plusで撮影したものである。iPhoneの場合、シャッタースピードや絞りはすべてフルオート、カメラ任せ。撮影テクニックというよりは、撮影後の処理がキモとなる。今回の講座では、撮影する構図やアングルなど撮影に関する基礎的な部分と、画像加工アプリの使い方をみっちりと行うつもりだ。

しかも、この日のためにスペシャルな料理も用意してくださるという。私なんぞの木っ端カメラマンの講座は1円の値打ちもないかもしれないが(笑)、食事だけでも6000円は絶対に安いと思う。是非、皆様、万障繰り合わせの上、ご参加くださいませ。

念のため、日時等の詳細を以下にお知らせしておきます。

 

【開催日】

2019年7月22日(月)

【時間】

・受付開始 11:00~

・お食事 11:30~

・講座 12:30~14:00(予定)

【会費】

6000円(受講料・お食事代・消費税込み)

当日はスマホまたはタブレットPCをご持参ください。

※アプリをダウンロードできる機種に限ります。

【その他】

定員20名。満席になり次第締めきり。

※急なキャンセルは前日17時まで。

 それ以降はキャンセル料が必要になります。

【会場】

神楽家

愛知県名古屋市東区東桜1-10-6

【予約受受付電話】

052-971-6203     

今日一日を悔いなく生きる。

f:id:nagoya-meshi:20190405002902j:plain

アルコール依存症を患う夫のいる女性と話したことがある。

「病気のように治療するものではないんです。今日は飲まないと決める。それを繰り返すしかないんです。一滴でも飲むと、延々と飲み続けてしまいますから」と、彼女は語った。

おそらく、薬物依存やパチンコ依存も同じことだろう。

全然、話が違うかもしれないが、何かしらの依存症でなくても、一日単位で物事を判断したり、目標を立てたりするのは大事なことかもしれない。

しかし、私の場合、遠くの目標は掲げることはできるものの、直近の目標となると、てんでダメなのである。

「今日は原稿を書き上げる」とか「今日は画像処理をする」と小さな目標を立てて、クリアしたとき、心の中で小さなガッツポーズをとるだろう。きっと、成功とは、それらの積み重ねなのだ。成功なんてものは外部の評価なのでまったく興味はないけど。

生来の怠け者ゆえに、帳尻を合わせればいいだろうと思い、ギリギリになって焦ることが多々ある。今の私に必要なのは、「今日一日を悔いなく生きる」ってことだ。

肩書き。

f:id:nagoya-meshi:20190520230943j:plain

最近、CBCテレビで月~金15:49~19:00放映の『チャント!』に出演させていただいた。

hicbc.com

f:id:nagoya-meshi:20190520231155j:plain

名古屋めし初心者であるタレントの菊地亜美さんを「なごやめしマスター」である私がお店に案内するというもの。

f:id:nagoya-meshi:20190520231215j:plain

そこで私の肩書きが紹介されたのだが、「名古屋を拠点に活躍するフードライター」となっていた。これは事前に私も承諾していた。正確にはカメラマン兼ライターである。私は『取材屋』と名乗っている。個人事業主として屋号にも使っているが、実は肩書きでもあるのだ。

おっと、話が逸れた。テレビではライターとして紹介されることが多い。だから、仕事で接点のない方は私のことをライターと思っているかもしれない。また、このブログにも、Facebookにも仕事で撮影した写真をアップすることもないから余計にライターだと思われる。

そこで、たまには仕事で撮影した写真をずらーっと貼り付けてみようと思う。

写真は、某居酒屋の夏のコース料理。これはwebや雑誌の取材ではなく、取材で訪れたお店が私の写真を気に入ってくださり、メニュー撮影の仕事のオファーをいただいた。

こんなお仕事のオファー、お待ちしております。

f:id:nagoya-meshi:20190520232351j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190520232559j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190520232456j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190520232636j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190520232428j:plain

スガキヤカレー。

f:id:nagoya-meshi:20190522104051j:image

少し前になるが、名古屋のソウルフード『スガキヤ』がサイドメニューにカレーが追加されたと知って、食べに行ってきた。県外の方で『スガキヤ』をご存じない方は、下記のリンクをご参照ください。

www.sugakico.co.jp

「カレー・サラダセット」は、ラーメンの代金に+290円。写真のように、デフォルトの「ラーメン」(320円)と組み合わせた場合、610円。安い。さすがは『スガキヤ』である。

f:id:nagoya-meshi:20190522104054j:image

さすがにラーメンは安定の旨さ。ただ、以前と比べて丼が小さくなった。その分、量も少なくなったような気がする。しかし、今どき320円で食べられるのだから、文句は言えまい。

『スガキヤ』は中学生の頃に友達とよく行った。当時、コショウはテーブルに置かれていて、友達が注文したラーメンを取りに行っている隙にコショウのフタを緩めておく。

友達がラーメンにコショウをかけると……フタがとれてコショウがラーメンにドバーッと。そんなイタズラをした。「何だぁぁぁ!」と言いながらも友達はコショウまみれになったラーメンを食っていた。当時『スガキヤ』に置いてあったコショウは今ほどスパイシーではなかったような。

それにしても、今思えば、ムチャクチャだ。ネットにアップされたらフルボッコにされそうだな。前に『スガキヤ』へ取材に行ったとき、お詫びしておいたけど。

f:id:nagoya-meshi:20190522104058j:image

さて、本題のカレーである。『スガキヤ』のホームページには、

「ラーメンと一緒に食べることを前提に作られたスガキヤオリジナルのちょっとスパイシーなカレーです」と、ある。

たしかに、ややスパイシーではあるものの、大人にとっては少しモノ足りない。それでもラーメンと一緒に食べると、どうしてもカレーが勝ってしまう。おそらく、子供もオーダーすることを考えて、子供が食べられるギリギリの辛さにしているのだと思う。結果、中途半端な仕上がりになってしまったのではないか。

そもそも、こだわるのは辛さなのか。こだわらなければならないのは『スガキヤ』らしさではないか。例えば、“和風とんこつ”という唯一無二のスープをベースにしたカレーはできなかったのだろうか。わかりやすく言えば、そば屋のカレー。その方がスガキヤラーメンに合うと思うのだが。

それどころか、カレーをヒットさせれば『スガキヤ』の知名度を生かせば、カレーの専門店をオープンさせることも可能だろう。トッピングは、チャーシューやメンマ、ネギ、温泉玉子とラーメンに使うものをそのまま使うのだ。『スガキヤ』さん、このアイデアいかがですか(笑)?

チャーラーの旅・13

名古屋市内から刈谷市や安城市へ向かうとき、ずっと気になっていた店があった。大府市の『きょう和はんてん 中京女子大前店』だ。今は中京女子大ではなく、女子レスリングで有名な至学館大学になっているが。

tabelog.com

店の前を通るたびに、いかにも中華屋という外観に惹かれていたものの、行くことはなかった。ランチのタイミングを逃したある日、やっと行くことができた。到着したのは、13時半すぎ。それでも店内は6割くらい埋まっていた。カウンター席に座って、注文したのはもちろん、チャーラー。あ、「ちゃーはんランチ」という名前だったかな。値段は650円。安っ!

f:id:nagoya-meshi:20190516221322j:plain

まず、運ばれたのはラーメン。具材はチャーシューとメンマ、ネギ、海苔とシンプルそのもの。いかにも中華屋のラーメン。味付けは濃くもなく薄くもなく。いや、濃厚な味わいがウケる今どきでは、薄味の部類に入るかな。

見ていないが、グルメの評価サイトでは、「特徴がない」とか書かれそうだ。町中華のラーメンは、特徴がないのが特徴なのである。ラーメンを上から目線で評価したければ、ラーメン屋へ行けばよいのだ。

「チャーラーの旅。」はちょっと違う。もちろん、味は重要ではあるが、すべてではない。町中華ならではの空間とそこに流れるゆるーい時間そのものを楽しむのである。

ラーメン屋のラーメンの味付けが濃いので、中華屋のラーメンもそれに合わせて濃くなっている傾向があると私は思う。しかし、ここのラーメンは時代に流されることなく、昔のまま。私が子供の頃に食べたラーメンを思い出してしまったほど。
f:id:nagoya-meshi:20190516221319j:image

それは、炒飯も然り。ガツン!と醤油の味と香りが広がる濃い味付けの炒飯よりも、醤油は香りつけ程度で塩とコショウで全体のバランスをとっている炒飯の方が私は好きだ。炒飯単品であれば濃い味もアリだが、チャーラーの炒飯はラーメンと交互に食べることを前提としているので、やや薄味が好ましい。って、何度も書いてるよね。

ココの炒飯も実にシンプル。油も少なめ、というか、油感を感じさせないほど米の一粒一粒を油がまんべんなくコーティングしているのだろう。パラパラ食感で食べてもしつこくないし、飽きもこない。完成度は相当高いと思った。

チャーラーにとって、薄味は正義なのである。

マツコ&有吉の名古屋めし論。

f:id:nagoya-meshi:20190519232937p:image

パソコンのHDDを整理していたら、2016年3月に「有識者」として出演させていただいた『マツコ&有吉 怒り新党』の動画データが見つかった。久しぶりに見たが、今見ても面白い。とくにマツコさんと有吉さんによる名古屋めしの分析は、かなりスルドイ。

「名古屋の方、誤解しないで聞いてほしいんだけど、ちょっと入る下品さがイイんだよね。あの感覚ってほかの街ではないんだよ。下品だ、下品だって言いながら旨いのよ!」と、マツコさん。 

「遠慮がない感じがするよね」と、有吉さんが話を振ると、

「もう、旨けりゃ何でもイイだろうっていうね。辛いのがイイんだよ!甘いのがイイんだよ!っていう、何かね、ホワンとしたのがないのよ」と、マツコさん。

実にスバラシイ。私は地元に居ながら、東京のメディアに名古屋のグルメを紹介している。だから、常に東京目線を意識してきたつもりである。とくに前出のマツコさんの発言。これをディスる名古屋人はいないだろう。冒頭でも「名古屋の方、誤解しないで聞いてほしいんだけど」と、わざわざ前置きしているし。

しかし、名古屋で暮らしている私が同じことを言うと、名古屋市民、いや、愛知県民を全員敵にまわす可能性だってある(笑)。実は「名古屋めし=下品」ということは、私も感じていて、あ、もちろん、マツコさんがおっしゃる通り、イイ意味での下品ってことね。それを取材先でぶつけたことがある。

私が下品、というかゲスな味だと思うのが、きしめんのつゆである。カツオや昆布を使ったダシと比べると、とても上品な味わいとは思えないのだ。何度も言うが、イイ意味でね。それをきしめん店の店主に直撃したのである。

聞き方を一つ間違えただけで立腹して取材そのものがNGになりかねない。聞き方を考えに考えたのだが、適当な言葉が思い浮かばない。

「あの、これはあくまでもイイ意味で、ということなんですけど、名古屋のきしめんのつゆって、カツオ節を使う関東風や関西風の昆布だしに比べると決して上品じゃない。言うなれば、ゲスな味だと思うんです」と、私。それを聞いた店主は、

「そうや。その通りや。上品か下品かって言ったら、下品でしょ」と、立腹されるどころかあっさり認めた(笑)。

下品という言葉に嫌悪感を覚えるのであれば、庶民的と変換してもよいだろう。名古屋めしのすばらしさは、お上しか食べられなかったものが時代とともに庶民も口にするようになったのではなく、もともと庶民による庶民のためのものであるというところだ。それと、有吉さんの「遠慮がない感じがするよね」とマツコさんの「もう、旨けりゃ何でもイイだろうっていうね」、この2つの名古屋めし論を体現しているのがこれだ。 

f:id:nagoya-meshi:20190518194839j:plain

『長命うどん』のきしめんと中華そばのミックス、通称“き中”(ころ)。ほかにも、うどんとそばがあり、それぞれ組み合わせることができる。

このメニューは、うどんと中華そばの小盛(いわゆる並盛)を2つ注文した客を見た店主が1つの丼に入れたのがはじまりという。もう、本当に遠慮がないし(笑)、旨けりゃ何でもイイって感じがする(笑)。

『長命うどん』を知らない方にあらためて説明するが、この「き中」のつゆはうどんに使うものとまったく同じである。しかし、これが関東風や関西風のつゆだったら……。絶対に美味しくないと思う。ムロアジがベースのゲスな味だからこそ、このメニューが成立するのだ。