永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

「変態」ノススメ。

f:id:nagoya-meshi:20181106191858j:plain

久しぶりに更新したというのに、いきなり申し訳ない(笑)。

少し前に『石橋貴明のたいむとんねる』で「高嶋政宏の変態グルメ」を見て以来、ずっと高嶋政宏が気になっていた。

で、先日、Facebookで↓こんな記事を見つけたのである。

jisin.jp

高嶋政宏が自らの変態性をカミングアウトした『変態紳士』なる本を出版したというのだ。無性に読みたくなり、本屋へ向かった。

入り口近くのスペースに平積みで置いてあると思いきや、タイトルがタイトルだけに場所を選ぶのだろうか。まったく見つからない。タレント本のコーナーにもなく、店員さんに探してもらおうにもタイトルを告げるのが恥ずかしい(笑)。

店内をさんざん歩き回って見つけたのが、映画や舞台の関連本のコーナー。私の中で高嶋兄は「変態」のイメージが先行してしまい、役者であることを忘れてしまっていた(笑)。棚にはたった一冊しかなく、それをゲットすることができた。

とはいえ、これだけをレジに持っていくのは、あまりにも恥ずかしい。中学時代、『スコラ』や『ボム!』、『アクションカメラ』などのビギナー向けのエロ本をマンガ雑誌でサンドイッチして買ったことを思い出し、胸の奥がキュンとした。

いやいや、思い出に浸っている場合ではない。あのときのマンガ雑誌、いわば「ダミー」となる本を探さねばならないのだ。私はノンフィクションや新書が好きで、そのコーナーへ行くも興味をそそられる本は見当たらなかった。

そして、もう一度、『変態紳士』があった映画・舞台のコーナーに目をやると、昔から大好きだったノンフィクションライターの本橋信宏さんの『全裸監督 村西とおる伝』が目に飛び込んできた。

eiga.com

この作品は、Netflixでドラマ化され、しかも山田孝之が主演を務めることをFacebookで知り、原作本を買おうと思っていたのだ。迷わず手にとって、『変態紳士』とともにレジへ持っていった。お金を払うときに、気が付いた。『全裸監督 村西とおる伝』はダミーになるどころか、破壊力を増しているではないか、と(笑)。

いやいや、久しぶりの更新でこんなオモシロ話をするつもりはなかった。買ったその日にまずは『変態紳士』をイッキに読んだ。おそらく、多くの人は「変態」と聞くと、性的倒錯者をイメージするだろう。たしかにこの本でも髙嶋兄が自らの性癖を告白している。しかし、私に言わせれば、ごく浅~い部分でしかない。つまり、まだビギナーの域を脱していないのである。

なぜ、私にそのような判断ができるのか。それは25年前に遡る。当時、働いていた編集プロダクションは全仕事の6~7割は風俗をはじめとするアダルト系だった。だから、いわゆる「変態」と呼ばれる人は、ヘンな話、身近な存在でもあった。

『変態紳士』で髙嶋兄が告白しているのは、性的嗜好だけではない。むしろ、演技や音楽、グルメなどに対する独自の深いこだわりがこの本のメインと言っても過言ではない。テレビのバラエティー番組で髙嶋兄が連呼する「変態」の定義は、性的倒錯者ではなく、何かに対して独自の深いこだわりがある者ではないか。

そんな人は私の周りにもいっぱいいる。ある天ぷら店の店主は、「一日中、天ぷらを揚げろと言われても全然平気。むしろ、油の前に立っているのが楽しくて」と語った。そば屋やラーメン屋の店主からも同じような話を聞いたことがある。また、あるフレンチの巨匠は無類の甲殻類マニアで、珍しいエビやカニ仕入れてきては、独自の食べ方で客に振る舞っている。

 彼らは紛れもなく、変態天ぷら屋であり、変態そば屋であり、変態ラーメン屋であり、変態フレンチである。変態。彼らにとっては最上級の讃辞だろう。それは、飲食店だけにとどまらない。変態カメラマンや変態ライター、変態レポーター……ジャンルを問わず、たしかに存在する。わが国も「高度プロフェッショナル」なんてもったいぶった名称にせず、いっそのこと「変態プロフェッショナル」にしたらどうだろうか。その方が、和む(笑)。

独自の深いこだわりを持つには、対象となる人や事、物に真正面から向き合って、考えて、考えて、考え抜かねばならない。その原動力となるのは、好奇心ではない。もっと、こう、オノレの人生とオーバーラップさせるほどの何か。わかりやすく言えば、ライフワークとなるのか。

私の周りは変態だらけだが(笑)、そこまでこだわらなくても、考えなくても人は生きてはいける。むしろ、その方がラクかもしれない。しかし、危険な部分もある。ネットの偏った、信憑性も不確かな記事に煽られて、オノレの「正義」を振りかざした結果、それはデマであり、損害賠償請求をされた事件はまだ記憶に新しい。

やはり、人は自分の頭でしっかりと考えなければならないのだ。だから、誰でも「変態」になれる素質を持っている(笑)。かく言う私は、「ノーマル」だが。

来年のテーマは、“オールドルーキー”

f:id:nagoya-meshi:20171231175455j:plain

まもなく2017年も終わりを迎える。大掃除をしたばかりのキレイな仕事場で今年を振り返ってみた。
今年、テーマとして掲げたのが、「撮ル、書ク、喋ル。デ、世界ヲ明ルク。」
従来の業務である「撮ル」(写真)と「書ク」(文章)に「喋ル」、つまり、講演会やセミナーの講師やテレビなどのメディアでコメントする仕事も同列に扱い、これらで世の中に貢献する、というものだった。
いわば、『取材屋』(私の個人事業の屋号)の経営理念のようなものだ。
不思議なもので、そう宣言すると、昨年よりも「喋ル」仕事が増えた。しかも、名古屋市や名古屋青年会議所ロータリークラブ、愛知県図書館など公的機関からのオファーが多かった。
テレビは地元ローカルからはオファーがなかったものの、テレビ朝日マツコ&有吉 かりそめ天国』から声がかかり、名古屋めし専門のライターとして出演させていただいた。ほかにも『朝日新聞』や『日刊ゲンダイ』、『週刊SPA!』などからも取材を受けた。
一方、写真と文章の仕事では、Webの仕事が増えた。と、いうよりも仕事量は紙媒体と逆転してしまった。今後はますますWebがメインになりそうな予感がするが、やはり、紙媒体を主戦場にしていきたいと思っている。
一昨年、昨年と売り上げは減少の一途を辿っていただけに、今年は少しだけ盛り返した。わが家の家計のことを考えると、まことに喜ばしいことではある。が、究極的な目標である「世界ヲ明ルク」できたのか?
26歳のとき、世間知らずのままフリーとなり、無我夢中で仕事をしてきた。東京中の編集者たちに「名古屋に面白いヤツがいる」と、言わしめたいと思っていた。ところが、あれから20年以上経ったにもかかわらず、まったくの無名ではないか。
さて、来年はどうするのか?50歳を目前にどう生きるのか?そんなことを考えていたら、BGMに流していた竹原ピストル「オールドルーキー」の歌詞が心に染みた。

オールドルーキー/竹原ピストル

(前略)

いやはや丸くなったよ…って笑ってりゃあ そりゃあ酒もやさしくなるさ
だけど俺はやめたんだ
そういうのはもうやめたんだ
オールドルーキー

何度でも立ち止まって
また何度でも走り始めればいい
必要なのは走り続けることじゃない
走り始め続けることだ

(後略)

そう、何歳になっても走り始め続けることなのだ。カメラマンとして、ライターとして、イチから、いや、ゼロから写真の1枚1枚、原稿の一文字一文字、講演やセミナーのひと言ひと言を見つめ直すのだ。よりクオリティの高いものを世に出せるように、何度も立ち止まり、何度もスタートし続けるのだ!そして、来年から使い始めるトラベラーズノートのスケジュールを真っ黒にしよう!

皆様、今年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

平成29年 大晦日  永谷 正樹

地下街で人情溢れる店主のサービスと絶品串揚げに、酔う。

県外の人から「名古屋はやたらと地下街が賑わっている」と言われたことがある。実際、名古屋人は真夏や真冬になると、地下街に潜る(笑)。さて、皆様は地下街にある飲食店にどんなイメージを抱くだろうか?地下街といえども、都心の一等地。ゆえにテナント料が高いので、出店できるのは、どうしても大手外食チェーンになりがち…。

実際、名古屋駅太閤通口に直結している地下街『エスカ』は、名古屋を代表する外食チェーン店で占められている。しかし、そんななかで昭和46年の開店以来、ずっと変わらない味と人情味溢れるサービスを守り続けている店がある。それが『珍串』だ。

f:id:nagoya-meshi:20171101210000j:plain

店名からもわかるように、串揚げや串焼きの専門店。絶対に注文したいのは、「串かつ盛り合わせ」(950円)。内容は、豚とねぎま、エビ、うずら、玉ねぎ、なすの6本。どれもカリッと揚げた衣の中に食材の旨みを封じ込めている。とくに「豚」と「ねぎま」は最高に旨い!思わず、唸ってしまったほど。

f:id:nagoya-meshi:20171101210124j:plain

いずれも甘みのある脂と濃厚なコクのある赤身が特徴の三重県産さくらポークのバラ肉を使用。シンプルに串焼きにしても旨いが、肉の旨みやジューシーさを存分に味わうには、やはり串揚げがいちばん美味しいと思う。

f:id:nagoya-meshi:20171101210837j:plain

ここの串揚げは味噌ダレを抜きにしては語れない。食べる前、やや甘めの味付けをイメージしたが、見事に予想を裏切られた。和風ダシの旨みと味噌のコク、ほのかな酸味が絡み合う、何とも複雑な味わいなのだ。串かつを平らげた後も箸休めのキャベツで味噌ダレを一滴残らず拭ってしまったほど。

f:id:nagoya-meshi:20171101211212j:plain

それと、忘れてはならないのが店主の加藤高幸さんの存在だ。料理の味はもちろんだが、加藤さんとのおしゃべりを楽しみに来る客も少なくはない。

「ウチは地下街にあるんだけど、路面店と変わらないサービスを心がけているよ。席を移動してもらったお客さんに“引っ越し手当”として何かサービスしたり、ときにはお客さんの隣に座っちゃうこともある。それが僕も楽しいんだよ」と、加藤さん。

何を隠そう、私もこの人懐っこい加藤さんの笑顔にヤラれた一人である。久しぶりに呑みに行こうか。

釜玉ラーメンは、コーチンビギナーにオススメの一杯。

地元に住んでいながら、名古屋コーチンを食べたことのない人は多い。専門店へ食べに行こうものなら1万円は覚悟せねばならない。庶民にとっては高嶺の花なのだ。が、大須・新天地通沿いにある『釜玉屋』は例外中の例外。

f:id:nagoya-meshi:20171031204834j:plain

看板メニューの「釜玉ラーメン」は、讃岐の釜玉うどんを参考に、コクのある名古屋コーチンの卵を使用している上、タレにも名古屋コーチンのエキスがたっぷり。

卵黄とネギのみのシンプルな並盛は380円と激安。↑写真は名古屋コーチンのミンチとモヤシ、海苔、海老辛をのせた「グランプリトッピング」(並盛380円+250円 計630円)。このメニューで地元のグルメイベントに挑み、グランプリを獲得したことから、この名前が付けられたそうだ。

f:id:nagoya-meshi:20171031205507j:plain

また、商店街をブラブラ歩きながら食べられるように、麺100グラムのお試しサイズ(写真左)も用意していて、こちらはたったの280円!店主によると、このお試しサイズ、コーチンの卵を割るのに失敗したら、赤字になってしまうほど儲からないらしい。が、食べ歩きの街・大須では、中学生や高校生でも手が届くメニューは必須なのだ。

さて、肝心な味だが、釜玉うどんのようなシンプルな味かと思いきや、凝縮されたコーチンの旨みと卵のコクが混ざり合った複雑な味わい。鶏がベースなだけに、巷のまぜそばよりも後味がさっぱりとしている。あまりの旨さにイッキに掻き込んでしまった。

f:id:nagoya-meshi:20171031210242j:plain

さらに、ここにはもう一つ看板メニューがある。その名も「小倉ラーメン」(500円)。・・・・・。メディアに採り上げられたいがための確信犯的なニオイがプンプンする(笑)。何でもかんでも小倉あんをのせりゃイイってものではないぞ(怒)。

釜玉ラーメンのようによくかき混ぜて・・・。うわーっ!写真掲載を自主規制するほど美味しくなさそうなビジュアルになってしまった(笑)。

勇気を出して食べてみると、小倉やアイスクリーム、メープルシロップが絡んだ麺が旨い。ジャイアンシチュー的な味を想像したが、デザートだったのね。うん、それなら納得。

オン・ザ・ライスで食べたい!名古屋のソウルフード、味噌とんちゃん

f:id:nagoya-meshi:20171030211944j:plain

ここ最近、自家製の味噌ダレを和えた豚ホルモンを炭火で焼く「味噌とんちゃん」にズブズブにハマっている。実は少し前まで、ホルモンは苦手だった。いくら噛んでも噛み切れないし、飲み込むタイミングがわからなかったのだ。

焼肉屋で少しずつ食べるようになり、小腸の脂の甘みの美味しさに目覚めた。そして、本当に美味しいと思ったのは、大須商店街の外れにある居酒屋チェーン『やぶ屋 大須店』の「味噌とんちゃん」(並盛・600円)へ取材で訪れてから。

味噌の焦げる香りにヤラれつつ、ハフハフして口へ運ぶと、味噌のコクと脂の甘みが一つになる。いかん、考えただけで唾液が分泌しまくりだ。しかも、ここのは三河豚の小腸や大腸、胃、小袋などミックス。さまざまな味と食感が楽しめるのだ。ビールや酎ハイ、ハイボールで口の中に残った脂を思いきり流すのも心地良いが、オン・ザ・ライスで食べたい衝動にも駆られる。

「私自身、『やぶ屋』をメシ屋だと思っているんです。メシに合うということは、お酒にも合いますからね。まだ店を始める前、これからどんな店をやろうかと考えていたとき、たまたま昔から通っていたとんちゃん屋で味噌とんちゃんを食べていたんですよ。で、コレだ!って(笑)」と、やぶ屋グループの社長、横瀬武夫さん。

冗談みたいな話だが、昔ながらのとんちゃん屋が後継者がいなくて廃業の危機にあることも横瀬さんは知っていた。また、味噌とんちゃんも名古屋めしの一つであるにもかかわらず、今ひとつ注目を集めていないことも。だからこそ、味噌とんちゃんを店の看板メニューにしたのである。

『やぶ屋』は、名古屋めしも沢山揃う。それらはまさに横瀬ワールドともいうべきオリジナリティ溢れるものばかり。それはまた次の機会にでも。

カルボナーラの思い出と『支留比亜珈琲』のカルボトースト。

幼い頃、スパゲッティといえば、イタリアンとミートくらいしかなかった。いや、あったかもしれないが、食べたことがなかった。高校時代、世の中がバブル期を迎えた頃にスパゲッティではなく、パスタという言葉が使われるようになった。そして、カルボナーラペスカトーレという今ではどこにでもあるメニューを雑誌か何かで生まれて初めて見た。それらはとてもオシャレな響きに思えた。

そんななか、近所の喫茶店のメニューにカルボナーラがくわえられて、ドキドキしながら注文した。生クリームは入っておらず、卵がガチガチに固まっていた。玉ねぎやピーマン、マッシュルームも入っていて、食感はボソボソ。味はピラフかチャーハンのようだった(笑)。今思えば、とてもカルボナーラとは思えないシロモノだった。おそらく、マスターが見よう見まねで作ったのだろう(笑)。

「こんなもんか」というのが正直な感想だった。

f:id:nagoya-meshi:20171030132711j:plain

さて、写真は名古屋を中心とする喫茶チェーン『支留比亜(シルビア)珈琲』の「カルボトースト」。かつて私が食べた、“なんちゃってカルボナーラ”と同じニオイがする(笑)。ゆるめのホワイトソースがたっぷりとかかっていて、卵は使っているのかどうかわからない。シチュートーストかスープトーストと呼んだ方がしっくりとくる。

そもそも、本場イタリアでは、カルボナーラに生クリームを使わないらしい。生クリームは日本のオリジナルのようだ。だとすると、このカルボトーストと、高校時代に喫茶店で食べた“なんちゃってカルボナーラ”のどちらが、より本物に近いかというと、なんちゃってカルボナーラ>カルボトースト、ということになる。いやいや、それは全力で否定したい(笑)。

カン違いしてほしくないのだが、このカルボトーストをdisっているわけではない。むしろ、その反対だ。それがカルボナーラかどうかとか、名前がどうかというのは問題ではないのである。肝心なのは、旨いかどうかなのだ。さんざん煽っておいて申し訳ないが。

ホワイトソースがシミシミで、フレンチトーストのような食感。トーストはカリッと焼き上げていて、香ばしい香りが鼻から抜ける。これが文句なしに旨いのである。ボリュームもたっぷりなので、軽食としては重すぎるほど。ランチで食べても十分に満足できる。

正真正銘のハンバーグ師匠が作る「味噌煮込みハンバーグ」は悶絶するほどの旨さ。

つい、この前まで暑いと思っていたのに、今はもうすっかり秋。寒さも日を追うごとに増している。こんな季節に食べたくなるのは、熱々の味噌煮込み。しかし、今回紹介するのは、味噌煮込み味噌煮込みでも、うどんではない。

f:id:nagoya-meshi:20171028101811j:plain

なんと、それはハンバーグ。地下鉄桜通線吹上駅の近く、昭和区折戸町の『和魂洋食 朋』の「味噌煮込みハンバーグステーキ」(180グラム・1340円)だ。

県外の方からすれば、かなりキワモノに見えるだろうが、実は、市内のハンバーグ専門店や洋食店で味噌仕立てのソースでいただくハンバーグをたまに見かける。味噌煮込みハンバーグも、まぁ、あるっちゃぁ、あるメニューなのだ。

では、なぜゆえに私がこれを推すのか。それは、ハンバーグを抜いたソースの部分の完成度があまりにも高いのである。いや、もはやこれはソースとは呼ばない。味噌煮込みうどんのつゆそのものなのだ。

「豆味噌をベースにブレンドした味噌に鰹の一番だしを合わせていますから、おっしゃる通り、ほとんど味噌煮込みうどんのつゆですね(笑)」と、店主の藤本幹人さん。

f:id:nagoya-meshi:20171028105718j:plain

このメニューがスゴイのは、食べすすむうちに肉汁とともに旨みがつゆに溶け出して、どんどん味が変わっていく点だ。これは使用している肉のクオリティが高いことも意味している。外国産の安い牛肉を使っていたら、もっとしつこくなるだろう。

「ハンバーグに使う挽き肉は、宮崎県産の黒毛和牛と愛知県産の豚です。やはり、脂の口溶けがまったく違います」(藤本さん)とか。

さらにウレシイことに、このメニューはライスが付く。ハンバーグをおかずに食べてもイイのだが、私の場合、少し残しておいて、ハンバーグを食べ終わった器に投入してリゾットにする。いわゆる“追い飯”である。これがもう、悶絶するほど旨いのだ。人目をはばかることなく、「ハンバァーーーグ!!!」って叫びたい(笑)。

『和魂洋食 朋』では、この「味噌煮込みハンバーグステーキ」以外にも定番のデミグラスソースで味わう「朋ハンバーグステーキ」(180グラム・1010円)やチーズがハンバーグの旨みをさらに引き立てる「チーズハンバーグステーキ」(180グラム・1240円)など約30種類が揃う。

f:id:nagoya-meshi:20171028111328j:plain

ここまでメニュー数が多いのは、店主の藤本さんが常にハンバーグのことを考えている、正真正銘の“ハンバーグ師匠”であるからにほかならない。やはり、料理は作り手の人柄や生き様そのものなのだ。