永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

モテまくりたい。

f:id:nagoya-meshi:20190527173620j:plain

50歳となって、1ヵ月が過ぎた。

50代をどう生きるべきか今も考えている。

悩みは尽きることがないが、おぼろげながら見えてきたのは、50代とは無我夢中で走り続けてきた40代までの経験を残りの人生に展開していく時期なのだと思う。

いわば、良い種を作り、それに相応しい土壌を整えるのが40代まで。蒔いた種がこれから芽を出し、大きく成長し、花を咲かせるか否かが50代。

種を蒔いただけでは花は咲かない。水や肥料をやらねばならない。ときには心を鬼にして不要な苗を間引くことも必要となる。

だから、この期に及んでボーッと怠けたり、愚痴をこぼしたり、人のせいにしたりしていては、花を咲かせるチャンスを逃してしまう。ただのチャンスではない。人生最後のチャンス、大一番だ。それを自ら潰してよいワケがない。

では、私はどんな花を咲かせたいのか。以下に思いつくまま書いてみようと思う。

1.私の写真と文章をできるだけ多くの人々に見ていただき、豊かな時間を過ごしていただく。

2.雑誌やweb、テレビ、ラジオとあらゆる媒体で仕事をして、メディア関係者から「ナゴヤにナガヤあり」と言わしめる。

3.モテまくる。

と、これくらいか。きっと、誰もが「3.モテまくる」について、「それかーいっ!」と、ツッコんでいることだろう(笑)。これには2つの意味があって、1つはそのままの意味(笑)。だって、モテたいんだもん(笑)。

もう1つは、男女問わず私の「ファン」を増やすということである。例えば、このブログ。現在、1日だいたい200人~300人の方が訪れてくださっている。オメデタイ私は、これらの方を勝手に「ファン」だと思っている。もしかしたら、アンチもいるかもしれないのに(笑)。

でも、200人~300人ではあまりにも少ない。その10倍、2000人~3000人の方が毎日ブログに訪れてくださったら……。まだ想像もつかないが、メチャクチャ面白いと思う。また、私のトークイベントや私、永谷と行く「チャーラーの旅。」なるツアーもできるかもしれない(笑)。

そんなことを夢見ながら、私は今日もPCへ向かう。さて、原稿を書くとするか。