永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

「イイ人」をやめる。

f:id:nagoya-meshi:20190816231032j:plain

誰だって、人からイイ人だと思われたい。

誰だって、波風を立てずに円滑な人間関係を構築したい。 

ずっと、私はそう思っていたし、

そう心がけてきた。

でも、もう、やめる。

私自身の人格に関しては、

何とでも、好きなように言えばいいさ。

ガンガンに非難すればいいし、

言いふらされても構わない。

実際に私は人として欠陥だらけだし、

決してイイ人なんかじゃないから。

カメラマンとしても、ライターとしても、

もちろん完璧とは思っていない。

でも、恥ずかしい生き方をしてきたとは思っていない。

それを否定されたら、

これはもう戦うしかない。

勘違いしてほしくないのだが、

私自身のちっぽけなプライドを守るためではない。

尺が、ページが埋まりさえすればいい。

金が儲かりさえすればいい。

信じられないかもしれないが、

メディアの世界には

そんな馬鹿げたことを考えている不届き者もいる。

そんなヤカラをのさばらせておくと、

メディアは信頼を失い、どんどん劣化していく。

それを目の当たりにして、

「イイ人だと思われたい」なんて言ってられないのだ。

そもそも、モノをつくるというのは、

面倒くさい作業の積み重ねなのである。

それを理解できないヤカラと一緒に仕事するのは、

どう考えても無理だ。

私が今と変わらないペースで仕事ができるのも、

おそらく、あと10年くらいだろう。

バカを相手にしているヒマなんぞはないのだ。