永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

自分を偽るな。

f:id:nagoya-meshi:20190628232627j:plain

年をとるにつれてこれでも柔軟になったと思っているが、

昔も今も道理に合わないことをどうしても認めることができない。

多くの人から「お前はまだ青い」と何度言われたことか。

道理に合わないことを無理してやるのが大人だとしたら、

そんな大人にはなりたくないと思ったし、今もその考えは変わらない。

クソくらえ!とさえ思う。

とくに、モノを創る仕事において、

自分を偽って、その仕事をやり遂げたとしても、

はたしてカネをもらうこと以外に何を得るのだろうか。

そりゃカネはほしい。喉から手が出るほどほしい。

もっとカネを儲けて、もっとイイ家に住みたい。

もっとイイ車に乗りたい。もっとイイ服を着たい。

それもまた、偽らざる気持ち。

でも、カネほしさに自分を偽ることは、私にとって死に値する。

イイ家よりも、イイ車よりも、イイ服よりも、

私はもっとイイ仕事がしたい。

仕事を発注した人も、私が撮った写真や書いた文章を見た人も

皆が喜び、幸せになる仕事がしたい。