永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

独り言。

f:id:nagoya-meshi:20190531231141j:plain

年をとると、独り言が多くなるのか。

仕事場で原稿を書いてるときは黙々と作業している。たぶん。

いや、ひょっとして何か呟いているかもしれないな。

今のところ、そんな自覚はない。

仕事で疲れたとき、私は庭のデッキに出てボーッとする。

このときに

「オレは……」と呟いていることに気がついた。

「オレは……」の後に続く言葉は声には出していない。

心の中でいろんなことを考えている。

例えば、

「オレはどう生きるのか?」

「オレは力を出しきっているのか?」

「オレは思うように生きているのか?」

等々。

すべて自分自身に対する問いかけだ。

自分の中では答えはハッキリしているのに。

まだ甘えている自分がいる。

まだ迷っている自分がいる。

まだ怠けようとする自分がいる。

それに打ち勝たねば、オレの人生はくそったれのまま

それに打ち勝たねば、オレに未来はない。

「オレは本気で生きる!」

「オレは全力で生きる!」

「オレは自由に生きる!」

と、断言する独り言を呟くようにならねば。