永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

チャーラーの旅。7

f:id:nagoya-meshi:20190331101546j:plain

目下連敗中、というか惨敗中のチャーラーの旅。そろそろヒットを飛ばさないと、企画そのものの存続すら危うくなる。小牧市『大八』を越えるチャーラーは存在しないのかと半ば諦めかけていたそのとき、かなりレベルの高いチャーラーを発見した。

f:id:nagoya-meshi:20190331101607j:plain

それは小牧市常普請にある『豚福』。ここはジャンボサイズの唐揚げが有名な町中華である。車の行き来が多い通りから離れているにもかかわらず、多くの客が吸い込まれるように店内へ入っていく。そのほとんどが常連客だと思われる。みんな、旨い店は

tabelog.com

チャーラーは、ランチ限定メニューの「お得な麺飯セット」。好きなラーメンに+250円で天津飯か回鍋飯、炒飯、麻婆飯、中華飯のいずれかをつけることができるのだ。もちろん、私は炒飯をセレクト。

f:id:nagoya-meshi:20190331103245j:plain

これが炒飯。席から厨房は見えないが、炒飯を作っているときの中華鍋を振るリズミカルな音が聞こえてくる。もう、食べる前からこれは期待できると思っていた。量はしっかりと1人前ある。具材は、チャーシューとネギ、卵。卵がたっぷりなのでフワフワの食感。味の濃淡もちょうど良い塩梅。塩とコショウ、醤油だけではない複雑な味わいがする。これはかなりレベルが高い。

f:id:nagoya-meshi:20190331105304j:plain

炒飯も旨かったが、驚いたのはラーメン。チャーラーのラーメンは、薄くて小さいチャーシューやほんのちょっぴりしか入っていないメンマやネギなど、できるだけコストを抑えたいという店側の意図が伝わってくる。まぁ、あくまでもサービスメニューなので、客側も仕方がないと思っているのだが。

しかし、ここのラーメンは、なんと大きくて分厚いチャーシューが3枚とたっぷりのメンマ、ネギ。海苔までのっている。単品で注文するラーメンとまったく同じなのだ。中華屋ならではのシンプルな味わいも◎。って、この「お得な麺飯セット」は、好きな麺類に+250円なので、当たり前といえば当たり前か。

f:id:nagoya-meshi:20190331111156j:plain

さらに嬉しいのは、デザートとドリンクバーが付くこと。オレンジひと切れのデザートはともかく(笑)、いつもは食後にコンビニへ立ち寄って飲んでいるコーヒーが付くのはありがたい。こんなちょっとしたサービスも人気の秘密なのだろう。