永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

永谷正樹のブログ生活。

f:id:nagoya-meshi:20190601233658j:plain

今年1月15日から毎日ブログを更新している。

書いている私自身、ここまで続くとは思わなかった(笑)。

しかし、毎日更新するというのは本当に労力がいる。

ブログを書くヒマがないほど忙しかったり、

ブログどころではない精神状態のこともあった。

外出先からスマホでぱぱっと書いて更新したこともあった。

ブログを始めてから生活も変わった。

仕事場にいるときは、ほぼPCに向かってブログを書いている。

原稿を書いている最中でも言葉が浮かぶと

作業を中断してブログを書くこともある。

まさに、ブログが中心の生活だ。

ブログを書くという行為は、オノレと向かい合う時間。

人間は文章に書き表せるほど単純なものではない。

しかし、ブログを通じて私という人間の、

ほんの一端でも知ってもらい、

興味を持ってくださればそんなに嬉しいことはない。

そもそも、このブログは、スキルアップになればと思って始めた。

私はライターと名乗れないほど文章がヘタすぎるのである。

何しろ、もともと文章を書くのがキライなんだから上手くなるわけがない。

ブログを始めて半年近く経っても、

原稿を書くとなると相当テンションを上げないと書けない。

本当に情けない限りである。

プロのライターでブログを書いている人は沢山いるだろう。

しかし、毎日書いている人は少ないと思う。

当たり前だが、ブログを書いても1円ももらえない。

ライターは金を稼ぐために文章を書くのだ。

1円にもならない文章を書くなんて愚の骨頂だろう。

でも、そんな馬鹿が一人くらいいたっていいじゃないか。

しかも、私のブログには必ず写真を貼り付けている。

毎日のことなので載せる写真もなくなってくる。

適当に撮った写真は絶対に載せたくないから、

ブログに載せる写真を撮るために街へ出る。

当たり前だが、これも1円にもならない。

でも、それがたまらなく楽しいのだ。

1年、2年と毎日ブログを書き続けたら、

単行本を出版しても、テレビに出ても、

まったく変わらなかったオノレの人生も変わるかもしれない。

そんな淡い期待を抱きながら、今日も私はPCに向かう。