永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

お互い様。

f:id:nagoya-meshi:20200309155343j:plain

東日本大震災のとき、

「絆」というコトバが

至るところで聞かれた。

 

絆。

 

東京と違って、

名古屋は東北出身者は少ない。

 

震災直後の電力不足による

計画停電もなく、

明らかに東京とは温度差があった。

 

それでも、地震や津波で

家族を亡くした人や

家を無くした人、

仕事を失った人に

思いを寄せていた。

 

日本人同士の絆を信じて、

苦しみや悲しみを

ともに乗り越えよう、と。

 

震災から9年が経った今、

コロナウィルスの感染が

世界規模で拡大している。

 

もちろん、

感染そのものも怖いが、

経済的な損失を恐れるあまり、

世の中全体が閉塞感に包まれている。

 

自分だけが生き残ろう。

自分だけは損失を回避しよう。

 

閉塞感の原因は、そんな利己的な考え方が

蔓延しているからではないか。

 

9年前には

絆を信じて乗り越えよう、

と言っていたのに。

 

今こそ日本人同士の絆の強さを

試されているのではないか。

 

一介のカメラマンであり、

ライターである私が世の中のために

何ができるかはわからない。

 

でも、1つだけ決めたことがある。

 

ウィルスは地震や台風などのように

局地的なものではなく、

誰もが感染する恐れがあるし、

経済的な損失も

誰もが少なからず負っている。

 

「お互い様」だ。

 

辛いのも、苦しいのもお互い様。

 

私は人にやさしくしようと思う。

 

シンプルだけど、そうする。

 

みんな、頑張って

この危機を乗り越えよう、ね。

 

※写真は、近日オープン予定の某カフェのチーズケーキ。撮影終了後、カフェのスタッフの皆さんや出入りする業者さんたちとともにいただいた。ともに汗を流したみんなで食べるから余計に美味しいのだ。