永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

平成最後の日。

f:id:nagoya-meshi:20190430114956j:plain

平成が、終わる。

生まれたのは昭和だけど、

社会に出たのは平成。

結婚したのも平成。

会社を辞めてフリーになったのも平成。

親になったのも平成。

親の死を見送ったのも平成。

50歳を迎えたのも平成。

つまり、青年期、壮年期という、

人生でもっとも楽しい時期を過ごしたのは、

平成の時代だったのだ。

ここ2、3日、テレビでは平成の時代を振り返るとともに

今上陛下のご足跡を特集している。

東日本大震災の被災者に膝をついて向き合う

陛下のお姿を拝するたびに

先の大戦の激戦地へ赴き、慰霊の祈りを捧げる

陛下のお姿を拝するたびに

涙が出てくる。

昨年12月23日に85歳のお誕生日を迎えられた陛下は、

「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」

と、おっしゃった。

平成の時代に自由を謳歌できたのは、

陛下の「祈り」があったからだ。

平成最後の今日は、

今上陛下に感謝を捧げる日である。

天皇陛下、ありがとうございます。