永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

人の縁。

f:id:nagoya-meshi:20190201175238j:plain

いやぁ、人の縁というのはオモシロイ。前から気になっている店があり、ある雑誌のリサーチで電話をしたことがあった。残念なながら取材には至らなかったが、そのときの対応や話しぶりも好感が持てたので、オーナーシェフFacebookで友達申請を送った。

彼はそれを快諾し、Facebookで繋がった。その後、お互いにコメントし合ったり、「いいね!」を押し合ったりすることはなかったが、そんなことはどうでも良かった。この縁を大切にして、いつか取材ができればと考えていた。

そして、最近、またある雑誌の企画を打診したところ、快諾していただいた。が、またしても取材には至らなかった。何だか、申し訳ないと思い、私がレギュラーで仕事をしているグルメ情報サイトで取材をすることにした。

f:id:nagoya-meshi:20190201175311j:plain

最初に声をかけたのが昨年の3月。1年近く経って、ようやくお目にかかることができた。それが名古屋市天白区の『イタリア料理 リベルタ』のオーナーシェフ、堀場孝雄さんだ。

it-liberta.com

「いやぁ、やっとお目にかかることができました」と、挨拶をした後、いつものように照明機材をセッティング。その間、堀場さんはせっせと撮影用のメニューを作っていた。

撮影したのは、こんな料理。あ、これらの料理の詳細は、いずれグルメ情報サイトで紹介するので、このブログでは写真のみ載せることを了承していただきたい。

f:id:nagoya-meshi:20190201175343j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190201175417j:plain

f:id:nagoya-meshi:20190201175238j:plain

このところ、名古屋めしやB級グルメの取材が多かっただけに、本格的なイタリア料理を撮影するのがメチャクチャ楽しかった♪

撮影が終わって機材を片付けていたとき、

「永谷さん、自宅は○○市なんですね。僕もですよ」と、堀場さん。

聞いてみると、堀場さんの実家は、私が昔住んでいたところから距離にして500mもないことがわかった。もちろん、小・中学校も同じ学区である。私の方が5歳ほど年上なので先輩にあたるが。

地元が同じということで、さらに親近感を覚え、とても楽しい取材となった。帰宅後、堀場さんからFacebookにメッセージが入っていた。

永谷さん、今日はありがとうございました😊まだ永谷さんのこと深く知りませんがとてもノーマルとは思えません❣️

こらっ(笑)!