永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

継続は力なり。

f:id:nagoya-meshi:20190812111951j:plain

重度の脳性麻痺で立つことも、

話すこともできない女性と、

その母親と会う機会があった。

彼女は養護学校の友人とプールに通い始めた。

最初は水が怖くて、プールに入ることはおろか、

プールサイドに座るのがやっと。

水に顔をつけるのも、

額だけからはじまり、目、そして口。

それだけで1年以上がかかったという。

一緒に通っていた友人は途中でやめてしまった。

いや、正しくは、

「やっぱりウチの子には無理」と

判断した親がやめさせた。

友達がいなくても、

彼女はプールへ通うのをやめなかった。

母親は彼女の気持ちを尊重した。

通い始めて9年が経ち、

今年6月には記録会に参加した。

彼女は背泳ぎで25メートルを泳ぎきった。

達成感に彼女は号泣した。

母親も泣いた。

コーチも泣いた。

その様子を見ていた多くの人々も泣いた。

継続は力なり───。

彼女はそれを体現したのだ。

今の自分は過去の積み重ね。

今の自分に納得がいかなかったら、

過去を悔やむのではなく、

今を本気で生きるのだ。

それを積み重ねていこう。