永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

義父のような人になりたい。

f:id:nagoya-meshi:20190711230027j:plain

女房の両親のことが私は大好きだった。

できることなら、義父母の子供になりたいとさえ思った。

 

今日、ふと、以前に女房から聞いた話を思い出した。

 

女房が高校生の頃、自転車を盗まれた。

近くに乗り捨ててあるかもしれない。

と、義父は女房を連れて近所を探した。

その読み通り、自転車は見つかった。

 

ところが、乱暴に扱ったのか、自転車はボロボロ。

どうしてこんな酷いことをするんだろう……。

女房は悲しくなった。

 

自宅に自転車を持ち帰り、義父は修理をしながら

「きっと、裕美の代わりになってくれたんだね。

裕美がこんなことにならなくて本当によかった。

ありがとう。ありがとう……」

と、自転車にお礼を言っていたという。

 

私も義父のような、愛深い人間になりたい。