永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

生命のやりとり。

f:id:nagoya-meshi:20200128232435j:plain

カメラマンは、

「見る」ことが仕事だと言ってもよい。

 

例えば、料理。

撮影する前も、撮影しているときも

いろんな角度から料理を見る。

 

すると、

「ここから撮って!」

と、料理が訴えかけてくる。

いや、マジで。

 

私はそれに応えるように、

シャッターを切る。

 

それがたまらなく楽しい。

 

人の場合はどうか。

 

レンズを向けて、

ファインダー越しに相手を見る。

 

たまに

圧倒的な存在感を放つ人がいる。

 

友人の福田ちづるさん(↑写真)もその一人。

彼女のような芸能人でなくても、

存在感がスゴイ人もいる。

 

私が日頃接している料理人や

企業経営者も然り。

 

オーラのように思われるかもしれない。

違う。

そんな易しいものではない。

 

懸命に生きていることが

伝わってくるのだ。

 

燃やしているのだ。

生命の炎を。

 

撮影の、絵作りの主導権は

こちらが握っているはず。

 

でも、

彼らの、全身から溢れ出る生命力に負けて

つい、シャッターを押してしまう。

 

それでも何とか食い下がって

ファインダーの被写体を見続けて、

フレーミング(構図)を決めて、

シャッターを切る。

 

そのやりとり、

いわば生命のやりとり。

 

殺し合うのではなく、

生かし合う。

 

足し算ではなく、

かけ算。

 

それがたまらなく楽しい。

 

私が写真を生業にしている理由も

そこにある。