永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

肩書き。1

f:id:nagoya-meshi:20190727222524j:plain

ネットのアンケートなどで、自分の職業を選択する項目がある。そこには、公務員や会社員、パートタイマー、自営業など大雑把に区分されている。その場合、自営業にチェックすることが多い。また、美容院やマッサージ店などで雑談しているときに職業を訊ねられたときも、自営業と答えている。

それらの店には、混み合わない平日の真っ昼間に行くことがあるので、美容師さんやマッサージ師さんからすれば「ナニをやっている人だろう」と思うのも無理はない。自営業と答えるものの、店をを営んでいるわけではないので、いつも違和感を感じている。

正しくは、自由業なのだが、あまり世間的に認知されていない(と思っている)ので、自由業と答えてしまうと、具体的にナニを生業としているのかも説明せねばならない。それも面倒くさい。だから自営業と答えるのがベターなのだ。

自由業は社会的地位も低い。実際、12年前に家を購入する際、ギャラの振込先として利用している三○U○J銀行からは、「保証金を4倍用意したら検討する」と言われた。私がどこの出版社と取引しているか知っての上での回答がそれだったのだ。しかも、保証金を4倍用意したら「貸す」のではなく、「検討する」。ブチキレて電話をたたき切ったことを覚えている。

余談になるが、半年ほど前に自宅で仕事をしているときに、三○U○J銀行から電話があり、こともあろうか「住宅ローンの借り換えをしませんか?」とノタマりやがった。すぐさま、12年前のことを思い出した私は、「その住宅ローンの融資をお願いしたのに断ったのはお前んとこの銀行だろ!」とまくし立てた。

数秒間沈黙があり、電話の主の「しまったぁ……」という気持ちが伝わってきた。「申し訳ございません」と謝りまくった。もともと悪いイメージしかなかった三○U○J銀行は私の中で完全に地に落ちた。

しかも、その住宅ローン担当(?)の行員はよほど使えないヤツだったのか、翌日にもまったく同じ内容で電話をかけてきやがった。もう、怒りを通り越して呆れるしかなかった。「あのなぁ……。昨日もウチに電話をかけてきただろ?」と私が言うと、「あっ!」と小さな声が聞こえた。思い出したようだ。私がブチキレる前に謝りまくった。

話が逸れた。三○U○J銀行から融資を断られたとき、いかに自由業に社会的信用がないのかを実感した。まぁ、冷静に考えてみれば、私も同業者には絶対にお金を貸したくはないもんな(笑)。

では、逆に社会的信用がある職業は何だろうか。明日のブログに書こうと思う。