永谷正樹のなごやめし生活

「なごやめし」について書き綴ります。

愛と赦し。

f:id:nagoya-meshi:20191110234614j:plain

あまり信じてもらえないかもしれないが、

30代の頃、自分の性格について悩んでいた時期があった。

 

なんて自分は自己中心的なんだろうと。

なぜ自分は人を赦してやることができないんだろうと。

 

人からそこを突かれると、

烈火の如く怒り狂い、

その人を「敵」と見なした。

 

まさに、負のスパイラル。

ますます、自己嫌悪に陥った。

 

そして、自分に足りないのは、

愛と赦しであると悟った。

 

今も足りているとは思っていない。

自分がこの世に生を受けて、

死ぬまでに学んでいくべきこと。

いわば、オノレの人生における一大テーマだと思っている。

 

ただ、年を重ねてきて、わかってきたこともある。

 

一つは、人の数だけ受け止め方があるということ。

 

例えば、昨日のブログで関西大学での講義について書いたが、

私の話を学生たちはどう受け止めたのか。

 

それぞれだと思うんですよ。

 

前は、違った。

 

「伝える」ことを生業としている以上、

こちらの意図をきちんと伝えたいと思っていた。

 

そんなことは不可能なのに、真剣にそう思っていた。

 

人は自分の都合の良いように解釈するし、

ときには改ざんもする。

故意にではなく、無意識に。

 

それを私はわかっていなかったのだ。

 

今はむしろ、いろんな受け止め方がある方が

良いとさえ思っている。

 

そんなことから、前よりも人を赦せるようになった。

ただ単に年をとっただけかもしれないが。

 

それと、もう一つ。

人を赦すだけでなく、

自分自身を赦すことも大切だということ。

 

自分を甘やかすのではない。赦すのだ。

このニュアンスの違い、わかってほしい。

 

自分が自身のことをどんなにキライでも、

つき合っていかなくてはならないのだ。

だから、赦してやる。

 

リセットすることはできないが、

新たな一歩を踏み出せると思うんだ。